健康科学部

TOPページ > 学部・大学院 > 健康科学部 健康栄養学科 > ゼミナール紹介

健康栄養学科

ゼミナール紹介

ピックアップ・ゼミナール

栄養カウンセリング演習

栄養指導の実践力につながる知識・理論を、演習でしっかり身につける。

食習慣を改善するには、対象となる人の行動変容が不可欠。実践力を養うため、行動科学やカウンセリング理論に基づく栄養教育の技法を演習形式で学びます。

卒業論文テーマ例

食べ物のおいしさとその評価に関する研究
食べ物のおいしさに関する一事象について、新しい視点から多面的に把握して、研究の進め方の基礎を学び、自ら見出した問題に何らかの成果を導く力を養う。

食品を介した放射線被ばく線量の評価と健康管理
自然放射線や人工放射線による被ばくに加え、医療放射線被ばくを受けたときや食品からの被ばく線量を評価し、健康管理に寄与する食事箋を提案する。

食品成分の健康効果に対する栄養生理・生化学的検証
健康飲料や健康食品の健康効果について検証する。その一環として、筋肉の維持・増強を目的とした玄米発酵食品をベースとした商品開発にも取り組む。

食習慣と身体的違和感・ストレス認識の関係
健康障害の兆候となる身体的違和感やストレス認識と食習慣の関係について調べ、健康リスクを低減する食習慣形成指導のための基礎資料を作成する。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について