健康科学部

TOPページ > 学部・大学院 > 健康科学部 心理学科 > ゼミナール紹介

心理学科

ゼミナール紹介

ゼミ学生の声

先輩との交流が多く、いろいろなアドバイスがもらえます!

古満 伊里 教授

論文の書き方や就職活動の方法など、さまざまな話ができるほど3、4 年生の交流が盛んです!話しやすい雰囲気なので、自分の意見も伝えられます。

(阿南 光玲 4年 武田高校出身)






演習 古満 伊里 教授

その他の開講ゼミナール

消費生活論 柏木信一
本ゼミのテーマは「消費者トラブルの実態とその防止」。商学、民法・消費者保護法、経済学の3極からリサーチする。それと同時に、この実状と解決法を一人でも多くの人に知ってもらい、いかに解ってもらうかの工夫を各々展開してもらう。

地域産業論 川瀬正樹
本ゼミは「現場主義」である。見学や観察、土地利用調査、聞き取り調査等のフィールドワークのほか、分布図作成、アンケート票作成、統計分析、地理情報システム(GIS)の利用、論文講読等を通して、「地域」を学ぶための基礎的能力を養う。

マーケティングリサーチ 川原直毅
マーケティング・リサーチの本質は、消費者が今後何を欲しがるのか、市場のニーズを的確に読み取り、消費者の購買行動の分析を行って企業の活動方針を見つけること。ゼミでは、人々が望むものを的確に把握できるように感性を伸ばし、多角的な視点を育む学びを重視しています。そして、成分や価格、原産国、販売先、広告などを調べ、各商品がどのような背景のもとに作られて、どのように売られているのかを分析。最終的には、学生各自が関心ある課題を独自に調査し、マーケティングとマネジメントの考え方を学んでいきます。

金融システム論 グェン・ドゥック・ラップ
金融に関する基本的な理論や制度等を学習しながら、新聞や経済のテレビ番組等を題材として経済・金融の諸問題を取り上げ、議論する。その諸問題の背後にあるメカニズムや経済学的視点からどうみればよいのかを解説することに力点を置く。

アジア経済論 新本寛之
テーマは「中国の発展」。近年、成長著しい中国の発展メカニズムおよび発展の陰の部分-格差問題を分析する。その動向は日本経済に何をもたらすのか?生活に溢れる中国製品を通してグローバル経済の姿を「共生」という視点から検証する。

観光論 富川久美子
「観光」というと、自分が観光客になって旅行することをイメージしがちですが、観光客を受け入れる側の視点もあります。社会や経済や地理などあらゆる分野から観光の現象を学ぶのが観光学です。本ゼミは、このような広い分野から観光とは何か、など観光学の基礎知識を習得することを目的とします。

証券市場論 仲村靖
証券・金融の持つ意味、役割、変貌などについて、学生自身が問題意識を持って取り組むことがまず大切である。次に、証券・金融に関する問題を検証して研究テーマを発見して各自がレポートし、全員で討論する形式でゼミを進行する。

流通論 矢野泉
「流通論」ゼミの目的は、①「流通」を考えるための複眼的視点を養う、②「流通」をとりまく問題への知識と理解を深める、③社会における「流通」の役割や問題について自分の意見をもつ、という3点です。フィールド・ワークやディベート等を行いながら、食品等私たちの身近にある商品の流通経路や流通諸段階のビジネスの現状、社会的な課題について学んでいきます。

卒業論文テーマ例

感謝日記で主観的幸福感は高まるのか?
他者への感謝を日記に綴った感謝群と統制群とを比較した結果、感謝群の日記中の“ありがとう”や“感謝”などの語の数と主観的幸福感に有意な正の相関が認められた。

大学生における無気力の類型と先延ばしパターンとの関連性の検討
大学生にみられるスチューデントアパシーの背景にある無気力の類型の違いによって、課題がどのように先延ばしされるのかについて検討した。

フロー体験と外的没入が自尊感情に及ぼす影響についての検討
関心を持って心身ともに集中するフロー体験の有無と一つのことに繰り返し注目する外的没入とが、自尊感情に及ぼす影響について検討した。

外言と内言のズレが過剰適応の指標となるか
自分の気持ちを抑えて相手の要求に応えようとする過剰適応の程度を測定する場合、外言と内言(建前と本音)のズレが指標となるかについて検討した。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について