健康科学部

TOPページ > 学部・大学院 > 健康科学部 心理学科 > ゼミナール紹介

心理学科

ゼミナール紹介

ゼミ学生の声

先輩との交流が多く、いろいろなアドバイスがもらえます!

古満 伊里 教授

論文の書き方や就職活動の方法など、さまざまな話ができるほど3、4 年生の交流が盛んです!話しやすい雰囲気なので、自分の意見も伝えられます。

(阿南 光玲 4年 武田高校出身)





演習 古満 伊里 教授

卒業論文テーマ例

感謝日記で主観的幸福感は高まるのか?
他者への感謝を日記に綴った感謝群と統制群とを比較した結果、感謝群の日記中の“ありがとう”や“感謝”などの語の数と主観的幸福感に有意な正の相関が認められた。

大学生における無気力の類型と先延ばしパターンとの関連性の検討
大学生にみられるスチューデントアパシーの背景にある無気力の類型の違いによって、課題がどのように先延ばしされるのかについて検討した。

フロー体験と外的没入が自尊感情に及ぼす影響についての検討
関心を持って心身ともに集中するフロー体験の有無と一つのことに繰り返し注目する外的没入とが、自尊感情に及ぼす影響について検討した。

外言と内言のズレが過剰適応の指標となるか
自分の気持ちを抑えて相手の要求に応えようとする過剰適応の程度を測定する場合、外言と内言(建前と本音)のズレが指標となるかについて検討した。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について