大学院

TOPページ > 大学院 > 臨床心理相談センター

臨床心理相談センター

 

人は、家庭や学校、職場など、さまざまな場面で、人間関係につまずき、悩むことがあります。
そんなとき、カウンセラーがこころのサポーターとしてそっと寄り添い、あなたのこころの荷下ろしのお手伝いをいたします。


臨床心理相談センターの概要について

1973年に心理学専攻として発足し、地域に幾多の人材を輩出してきました。さらに、今春には健康科学部心理学科として、さらなる飛躍をめざしています。
さらに、2017年7月、広島修道大学は臨床心理相談センターを開設しました。
地域のみなさんのこころの健康をサポートするため、長年にわたる心理学の教育・研究で培った知見を最大限に活かし、木立に囲まれた自然あふれるキャンパスの中で、開かれた臨床心理相談センターとして活動を進めていきます。

当センターは臨床心理士の資格をもった教員が中心となって運営しています。

ご相談内容

乳幼児のことから高齢者のことまで相談できる地域に開かれた相談の場です。ぜひお気軽にご利用ください。

  
性格や行動について・自分の性格や行動が気になる
・気分が安定しない、不安が強い
・自分のことをもっと知りたい、考えたい
ストレスや対人関係について・つらいことがあって、どうしたらよいかわからない
・学校や職場でのストレスや対人関係で悩んでいる
・友人関係で悩んでいる
子どものことや子育てについて・子どもの発達が気になる
・子どもが不登校で心配である
・子育てのことで悩んでいる
家族について・家族内の人間関係、夫婦関係で悩んでいる
・高齢者の介護に悩んでいる
教育現場での教師の悩みについて・児童・生徒にどのようにかかわるか
・保護者とどのように対応するか

受付から相談までの流れ

1. 電話によるお問い合わせ・お申し込み
 まずは電話でご連絡ください。(月~金※祝日除く)
 <直通電話>
 (082)830-1128
 <受付時間>
 9時30分〜11時、12時30分〜16時
 相談はすべて予約制です。
 お申し込みの際には、ご相談内容、お名前、連絡先を伺います。
 ※相談内容については秘密を厳守します。
 
   ↓

2. 受理面接(初回面接)
 受理面接では、ご相談になりたいこと、どのようなことを望んでおられるについて伺います。
 ※ご相談の内容によっては、より適切と思われる相談機関等をご紹介する場合があります。

   ↓

3. 臨床心理面接
 受理面接後にセンター内の会議で相談の種類と担当者を決定し、継続的な相談を行います。

開室日・時間について

開室日:月曜〜金曜日(祝日を除く)
開室時間:10時~18時まで



相談の種類・内容と相談料

相談の種類内容相談料(税込)
受理面接(約60分)相談の概要を伺い、相談の方針を検討します。 2,000円
臨床心理面接(約50分)原則として、1対1でカウンセリングを行います。2,000円
親子面接(約50分)親子同時に別々のカウンセラーが面接を行います。3,000円
グループ面接(約60分)グループでカウンセリングを行います。1,000円(1人につき)
心理検査心理検査の実施と査定を行います。3,000円

施設のご紹介

待合室

【待合室】
センターの中で最初に入るのがこの部屋です。
二方ガラス張りで、眺望はこの上なくすばらしく、木々の緑、空の青さが飛び込んできます。
そして、落ち着いた空間を提供しています。

面接室

【面接室】
4部屋あります。
相談に来られた方へのカウンセリングが行われる部屋です。それぞれの部屋はレイアウトが異なっており、その方にふさわしい部屋で実施します。
さらに、心理検査を行うための専用の部屋も設けられています。

プレイルーム

【プレイルーム】
2部屋あります。
幼い子どもの場合、言葉ではなく遊びを介しての支援(プレイセラピー)を行う部屋です。箱庭やさまざまな遊具が準備されています。プレイルームの隣には、観察室も付随しています。

お問い合わせ先

広島修道大学臨床心理相談センター 受付
〒731-3195 広島市安佐南区大塚東1丁目1−1
広島修道大学 4号館1階
TEL(082)830-1128


※MAPはクリックすると拡大します。

本学までのアクセスはこちらをご覧ください。

臨床心理相談センターリーフレット

リーフレットはこちらよりダウンロードしてください。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について