大学院

ニュース

本学の大学院は、学術の理論と応用を研究・教授し、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識と卓越した能力を培い、学術・文化の進展に寄与することを目的としています。
専門職学位課程(法科大学院の課程)は、その目的を達成しうる実践的な授業科目の授業によって行います。他4研究科では、授業科目の授業と学位論文の作成等に対する指導によって行われます。

学位の種類

修士

研究科・専攻学位
商学研究科 商学専攻
商学研究科 経営学専攻
修士(商学)
修士(経営学)
人文科学研究科 心理学専攻
人文科学研究科 社会学専攻
人文科学研究科 教育学専攻
人文科学研究科 英文学専攻
修士(心理学)
修士(社会学)
修士(教育学)
修士(文学)
法学研究科 法律学専攻
法学研究科 国際政治学専攻
修士(法学)
修士(国際政治学)
経済科学研究科 現代経済システム専攻
経済科学研究科 経済情報専攻
修士(経済学または経済情報)

博士

研究科・専攻学位
商学研究科 商学専攻
商学研究科 経営学専攻
博士(商学)
博士(経営学)
人文科学研究科 心理学専攻
人文科学研究科 英文学専攻
博士(心理学)
博士(文学)
経済科学研究科 現代経済システム専攻
経済科学研究科 経済情報専攻
博士(経済学)
博士(経済情報)

研究科概要

商学・経営学・会計学に関する高度な専門知識を養うカリキュラムを用意すると同時に、社会人の自己教育及び社会との連携や、研究・教育を通じた国際貢献にも注力しています。

アカデミックな側面においては自立して研究活動を行う能力、プロフェッショナルな側面においては専門的業務に必要な高度な能力を養うことを目指し、カリキュラムを構成しています。

法律学・国際政治学における専門職に必要な知識・能力や専門分野の研究能力の養成、社会人の再教育など、多様な学修目的に対応するカリキュラムを構成しています。

経済問題をシステム科学の方法を活用し、情報科学の技術を駆使して分析することができる人材の育成を目指し、独自のカリキュラムを構成しています。

諸納付金について

大学院