建学の精神

報恩感謝・実践

建学の精神の趣旨は「天地万物の恵によって生かされていることに感謝しよう。 そして、その感謝の気持ちを、日々の生活のなかで実践していこう」というものです。 本校では、今日まで、建学の精神を脈々と受け継ぎ、これを基礎に教育を実践しています。 

校章について

校章

本学の校章は、清楚で可憐な鈴のような花をつけるスズランをモチーフにしています。この校章は「スズランのごとくゆかしく健やかな乙女を育てる」という本校の理念がこめられています。 

教育方針

  1. 天地万物の恵によって生かされているということを自覚し、常に感謝することのできる心豊な生徒を育成します。
  2. 一人ひとりの個性を伸ばすとともに、積極的に社会に貢献できる実践力を備えた生徒を育成します。
  3. 国際社会の中で信頼され敬愛される品位と知性を身につけた生徒を育成します。

教育目標

  • 明るく気品のある麗しい学園づくり
  • 豊な情操と優れた徳性の涵養
  • 学力の向上と進路目標の達成
  • 規律と節度のある生活習慣の確立
  • 体力づくりと健康安全習慣の確立
  • 自主活動、クラブ活動の振興

教育の特色

個性教育
  • 一人ひとりの生徒の多様な可能性の伸張
  • 弾力的なカリキュラムやコース編成
  • クラブ活動の推進、学校行事の充実
言語教育
  • 言語(文化)を大切にする教育の推進
  • 国語・外国語(英語)の重視
環境教育
  • 環境について広く深く考える力・実践力の育成
  • 自然体験や生活体験を通した倫理観と感性の涵養