[中学]学びのポイント

[中学] 学びのポイント

未来をつくる教育で一人ひとりの夢や目標を実現します

本校の教育は、中学校・高校の6年間ではなく、大学の4年間を含む10年間で考えます。「SHUDAIクロスキャンパス・プロジェクト」をはじめとする多彩なプログラムを体験することで、新たな夢や進路を見つけることができます。社会の変化に対応できる力、社会に貢献できる力、自分の夢や将来を実現する力を育み、修大鈴峯が目指す"Think Globally, Act Locally"を体現できる人材の基盤を作ります。  
手厚い指導による基礎学力の定着・伸長
手厚い指導が生徒一人ひとりに行き届くのが本校の特色のひとつです。また、"わからない"を"わかる"に、"できる"を"もっとできる"に伸ばす少人数制の習熟度別授業や放課後の補習などにより、高校や大学での学びに実りをもたらす基礎学力を定着させていきます。 
キャリア観の育成とグローバル教育
「自分はどのように生きるのか」。大学進学をふくめ、生き方を考えるキャリア観を早期に育むことで、夢や目標をもって学ぶ姿勢を培います。また、グローバル化が進み続ける現代社会での自立や活躍をめざし、英語力や異文化適応力を養うのも特色のひとつです。  

自分を「つくる」! 3つの教育指導

1. トータルサポート体制による心を育てる指導

すべての教員が生徒一人ひとりを指導し、さまざまな視点から個性を輝かせます。また、教員が親身になって寄り添うことで自分の長所に気づかせ、自信をもたせると共に、悩みや学習意欲の低下を見逃さず、豊かな心と学力を育みます。  

トータルサポート体制による心を育てる指導

トータルサポート体制による心を育てる指導

指導のポイント
  1. 多方面から個性を引き出します。
  2. 自分の魅力に気づかせます。
  3. 放っておかない、見逃さない指導をします。  

2. 生徒主体の体制による粘り強い学習指導

じっくりと粘り強く教え「わかった!! できた!!」という体験を通じて、自信をもたせます。そうして芽生えた自信を「もっと勉強したい!!」という自主的かつ積極的に学ぶ意欲へと高め、未来を拓く学力を養うのが本校の学習指導方針です。 

生徒主体の体制による粘り強い学習指導

生徒主体の体制による粘り強い学習指導

指導のポイント
  1. 多方面から個性を引き出します。
  2. 自分の魅力に気づかせます。
  3. 放っておかない、見逃さない指導をします。

3. SHUDAI ファミリーの中でじっくり育まれる6年間

修大鈴峯は中高一貫校であり、生徒・保護者と教員の距離は自ずと近くなるため、どんなことも気軽に相談できます。部活や学校行事を通じて親しくなる上級生、「SHUDAIクロスキャンパス・プログラム」で関わる修大の学生や教員も生徒にとって心強い存在です。 

SHUDAI ファミリーの中でじっくり育まれる6年間

SHUDAI ファミリーの中でじっくり育まれる6年間

指導のポイント
  1. 相談しやすい雰囲気が生まれます。
  2. 生徒一人ひとりをしっかり理解できます。
  3. 保護者の方々とも信頼が深まります。

特色あるプログラム

修大鈴峯では国際交流をはじめとする多彩なプログラムにより豊かな情操や社会と積極的につながる姿勢を育みます。  

国際交流

グローカル人材を育む国際交流活動
3年次での海外研修を視野に入れ、日頃から国際交流活動に力を入れています。広島修道大学の留学生との交歓会をはじめ、広島の企業で研修中のシンガポール国立大学の学生との交流会など、多彩なプログラムを実施しています。  

サミット塾

キャリア観を涵養する外部講師による特別講座
キャリア外交官による「サミット塾」、公正取引委員会による「独占禁止法教室」、保護者会・三鈴会(さんれいかい)主催の「三鈴会教育フォーラム」への参加など、講師を広く学外に求め、生徒のキャリア観を涵養しています。  

百人一首かるた大会

古典から知恵と知識を学びとる百人一首かるた大会
日本の伝統文化にふれる機会として毎年1月、全員が参加する「百人一首かるた大会」を開催しています。その教育効果は高く、この日に向けて百首の和歌を覚えようと励む生徒も少なくありません。  

弁論大会

論理性と表現力を高める弁論大会
生徒全員が弁論原稿を作成し、各学年の優秀者が登壇して発表する「弁論大会」を毎年12月に開催しています。これは考える力、話す力、聞く力を養うための行事であり、本校では70年の伝統を誇ります。  

リサイクル活動

持続可能な社会を考えるゴミの分別・リサイクル活動
校内の清掃に際し、集めたゴミをリサイクルに向けて生徒が自ら分別しています。この活動を通じて、生徒たちは環境問題を身近に考え、地球に優しいエコロジーの実践につなげています。  

ボランティア活動

報恩感謝を実践するボランティア活動
日頃お世話になっている地域の方々への感謝を込めて、学校の近くを流れる八幡川や通学路などの清掃活動を行なっており、生徒自治会の呼びかけにより、毎回100名を超える生徒が自主的に参加しています。