[高校]CROSS CAMPUS COURSE

[高校]CROSS CAMPUS COURSE

広島修道大学への内部進学にふさわしい「本当の学力」を育む

高校・大学での7年間の教育を目指すコースです。大学での専門的な学びへの興味を育むとともに、大学での学びに対応できる基礎的な知識はもちろん、社会で活用できる学力を育成します。さらに、広島修道大学の教育資源を活かした「課題研究」に取り組み、主体的に学べる力を育てます。大学の施設の活用、講師からの指導を受けることも可能です。大学と連携した様々なプログラムで、学問への興味関心を持ち、進学の意義を考えます。学校生活では、日々の課外活動を重視し、生徒自治会活動、部活動、ボランティア活動などを奨励してます。  
課題研究
思考力・判断力・表現力を育成するために、2年次はグループ、3年次は個人での課題研究を行います。現代社会で課題を見つけ、問題に取り組み解決していく力、探究心を養います。  
修学フォリオ
毎日の生活、学業成績、活動の記録などを記録するために、「修学フォリオ」を全員が持ちます。自分自身の足あとを記録し、活動を振り返ることで、自分の成長を実感できます。  

1年次の学び

確かな基礎学力を養いながら、将来の進路を見据える

基礎学力の向上に励みつつCCコース アクティビティや課題研究を通じて、主体性・協同性を育みます。加えて2年次でコース移動も可能なことをふまえ、広島修道大学への内部進学をめざすか、外部の大学や医療・介護系学校などに進むか、卒業後の進路を考える時期です。  

1年次の学び

1年次の学び

コース選択について
1年次での学びや体験を通じ、外部の大学や医療・看護系学校などに進学するという新たな目標を見つけた生徒は「プログレス・コース」の「ベーシック〈PB〉クラス」に進みます。  

2年次の学び

CCコース アクティビティや課題研究で総合的な力を養う

 広島修道大学への内部進学をめざして、国際交流や地域交流などをテーマとする本格的なCCコース アクティビティや課題研究に取り組みます。また、各種検定試験対策や語学講座、ボランティアや企業見学、大学の教員による講義や学生・留学生との交流などを通じ、将来の活躍に必要な総合的な力を養います。

2年次の学び

2年次の学び

3年次の学び

受験にとらわれず、専門的で社会につながる学びへ

 内部進学制度のメリットは、受験のために費やす力を、大学での専門的な学習や研究、社会での実践につながる学習に費やせること。大学での学びを先取りしたり、TOEIC対策講座などの受講も可能です。さらに3年目のまとめとして、自分の進みたい領域について深く考える「課題研究」にも力を注ぎます。

3年次の学び

3年次の学び

内部進学について
一定の条件をクリアした生徒は、広島修道大学に進学することができます。内部進学の条件については、学力ならびに「修学フォリオ(3年間の学びと活動の記録)」を資料とし、本校と広島修道大学の教員が連携して多面的・総合的に判断します。 

教育課程一覧

クロスキャンパスコース 教育課程(年間取得単位/週の授業回数)一覧

国語
科目 1年次 2年次 3年次
国語総合 4
現代文B 2 3
古典B 3 2
国語演習 2
地理歴史
科目 1年次 2年次 3年次
世界史A 2
地理A 3
日本史B 2 4
公民
科目 1年次 2年次 3年次
現代社会 2
数学
科目 1年次 2年次 3年次
数学Ⅰ 4
数学Ⅱ 5
数学A 2
数学演習 2
理科
科目 1年次 2年次 3年次
物理基礎 2
化学基礎 3
生物基礎 2
生物 4
保健体育
科目 1年次 2年次 3年次
体育 2 3
保健 1 1
芸術
科目 1年次 2年次 3年次
音楽Ⅰ 1 1
外国語
科目 1年次 2年次 3年次
CEⅠ※ 4
CEⅡ 5
CEⅢ 5
英語表現Ⅰ 2
英語表現Ⅱ 2 2
英語演習Ⅱ※ 2

※多読を含む

家庭
科目 1年次 2年次 3年次
家庭基礎 2
情報
科目 1年次 2年次 3年次
社会と情報 2
総合的な学習の時間
科目 1年次 2年次 3年次
園芸 0.5
茶道 0.5 1 1
課題研究 1 1 1
その他
科目 1年次 2年次 3年次
キャリアデザイン 2
CCS※ 3

※多読を含む

特別活動
科目 1年次 2年次 3年次
ホームルーム 1 1 1
合計単位 [1年次 33][2年次 34][3年次 33]
※CE / コミュニケーション英語
※CCS / Cross Campus Study(クロスキャンパス・スタディ)数学・英語・家庭のいずれかを選択し、進学を希望する広島修道大学の学部・学科の学びにつながる授業を行います。
※カリキュラムは変更になる場合があります。 

CCコース アクティビティ

学びのアクティビティは、
主にグローバル視点とローカル視点から行います。

 内部進学制度のメリットは、受験のために費やす力を、大学での専門的な学習や研究、社会での実践につながる学習に費やせること。大学での学びを先取りしたり、TOEIC対策講座などの受講も可能です。さらに3年目のまとめとして、自分の進みたい領域について深く考える「課題研究」にも力を注ぎます。
◎海外研修
高2の夏休みにカナダ(バンクーバー)への研修を実施します。修大生と一緒にプログラムに参加し、大学生や留学生との関わりを通じてコミュニケーション能力を育みます。
また、研修までに英検の所定の級を取得した生徒には、研修費用の一部を補助します。
◎カルチャーキャンプ
修大の留学生とキャンプを行います。様々な文化と触れ合うことで多角的な視野を育みます。
2017年度は、日帰りの「カルチャーハイキング」を実施する予定です。 
◎留学生による語学講座
修大の留学生を講師として、英語以外の言語を学ぶことができます。
今年度はプレ企画として「韓国語講座」を行いました。2017年度も継続していきます。  
◎ポスターセッションへの参加
修大が実施する「地域つながるプロジェクト※」の「ポスターセッション」に本校生徒も参加しました。修大の先生から、ポスターを活用した活動成果の発表方法について学ぶことができます。
※学生が地域と連携して、課題解決に向けた調査・研究や企画を行います。  
◎ICT活用/遠隔授業
新校舎完成後はICTを活用した授業を進めます。また、修大との間で遠隔授業を行います。中高のキャンパスにいながら、一歩進んで学びを深めることができます。 
◎リーダーシップ研修
高1の夏休みに、修大の先生・学生の指導を受けてリーダーシップ研修を行います。研修を通じて、「主体的に行動する」とはどういうことかを考え、身につけていきます。