[中学]進路指導

[中学]進路指導

入学早々から目標を見定め
綿密な個別相談と指導を繰り返すことで
生徒一人ひとりの希望を叶えます

生活サポート

進路相談
年間計画に基づくクラス全体への進路指導はもとより、生徒一人ひとりが将来どのようにありたいのか、夢や希望に則した個別の進路相談を行なうことで、高校のコース選択やその後の大学受験に向けた意欲の向上をもたらします。  
教育相談
本校では生徒はもちろん、保護者の方々まで対象を広げ、臨床心理士や精神保健福祉士といった資格をもつスクールカウンセラーによる教育相談を定期的に実施し、学校生活全般に関する多様な課題の解決につなげています。 

学力サポート

朝の学習(エス・スタ)や補習
始業前10分間に行なう「朝の学習(エス・スタ)」、放課後に行なう数学と英語の「アドバンス講座」、夏休み期間中に行なう「学力向上補習」など、通常の授業時間外の学力サポートも万全です。 

高校でのコース選択と大学進学について

  • 修大鈴峯の高校には、広島修道大学への内部進学をめざす「クロスキャンパス・コース」、国公立大学や難関私立大学をめざす「プログレス・コース」、2コースがあります。
  • 生徒は原則、どちらのコースも選択できますが、将来の夢や目標にあわせた適切な進路指導を行ないます
  • また、「クロスキャンパス・コース」に進んだ生徒であっても、外部の大学や医療・看護系学校に進むという道を見つけた場合、高校2年次から「プログレス・コース」の「ベーシック〈PB〉クラス」で学習します。
  • このように、生徒一人ひとりの希望に適応していけるのも修大鈴峯の教育の特色のひとつであり、中学の入学早々から取り組む綿密なキャリア教育とあわせ、個々に最適な進路を見つけて導きます。