修大キャンパス未来化計画

TOPページ > 修大キャンパス未来化計画 > 協創館(8号館)の紹介

協創館(8号館)の紹介

学生・教職員・地域社会がともに未来を創る拠点、協創館(8号館)が完成

まなびコモンズ

ひろしま未来協創センターと国際センター、学習支援センターを備えた新たな知の拠点、協創館。
広島修道大学の学生、教職員、地域が一丸となり、より良い未来を創っていくために一緒に考え、行動するための場所です。

協創館の建設着工から竣工までを写真でまとめてスライドショーにしています。
このページ下部にアップしていますのでぜひご覧ください。


(写真:1階エントランスから見たまなびコモンズ)

フロアガイド

地下1階【ひろしま未来協創センター(ひろみらセンター)】

■ひろみらエントランススクエア
地階1階のエントランスには藍染めのオブジェを配置。本学の在学生が藍染めをした生地を使用しています。
また、ひろみらエントランススクエアでは、可動式のテーブルやイスを設置。学生と地域の方々が出会い、交流するスペースになります。無線LANを完備し、学生は自由にインターネット環境を利用することができます。

ひろみらセンター

■ひろみらセンター
地域連携や研究支援、学生活動支援などのほか、地域との連携行事やエクステンション講座なども行っています。また、ピア・カウンターも併設し、学生のボランティア活動や学内外のピア活動、自主活動を支援しています。

ひろみらスタジオA・B

■ひろみらスタジオA・B
地域との連携行事、各種イベント、ボランティア活動に関する催し、ワークショップなどに使うことができます。テーブルやイスを自由にレイアウトできます。スタジオA・Bの仕切りを取り、一部屋として広く使うことも可能です。

1階【学習支援センター・国際センター】

1階エントランス

■1階エントランス
吹き抜けの心地よい空間。壁面に施された藍染めのオブジェは、福山市の特産「和紙糸入りデニム生地」を使用しています。

まなびコモンズ

■まなびコモンズ
可動式でユニークな形をしたテーブルやイスを設置した「まなびコモンズ」は、グループワークやディスカッションなどを行うラーニングコモンズとして活用するスペース。グループ学習や個人学習など目的に応じて使いやすいようにレイアウトしています。また、学習アドバイザーや教職員が学びの時間をサポートしていきます。

iCafe

■iCafe(International Cafe)
さまざまな言語が飛び交う交流の場。学内にいながら国際的な雰囲気を味わえる空間です。留学生や教員との気軽なおしゃべりを通して異文化交流や情報交換を楽しむことができます。

まなびホール

■まなびホール
大勢で学ぶことを目的としたこのスペースは、研修会やプレゼンテーションなどさまざまな使い方ができます。また、留学募集説明会や留学体験報告会、新入留学生の歓迎会や日本人学生と留学生とのワークショップ「留学生フォーラム」なども行います。

国際センター・学習支援センター

■国際センター・学習支援センター
国際交流活動を通して、大学の国際化を推進する「国際センター」では、海外協定校への学生の派遣および、留学生の受け入れを行っています。「学習支援センター」では、「学生一人ひとりの学びをサポート」をモットーとし、在学生や入学予定者の学習支援や学習相談に応じています。

2階・3階【講義室】

講義室

2階・3 階は主に講義スペースです。3階には60人~150人収容の中規模講義室を6 室配置。2016 年度以降、2階には情報メディア教室4室と語学自習室を配置する予定。また、2階から続くアプローチを抜けると直接、図書館へ移動することができます。

4階【こころLAB(心理学実験実習室)】

4階こころLAB 行動観察室

心理学専攻の演習・実習科目で使用します。行動観察室、防音室、シールドルーム※、心理面接室などのほか、心理学実験準備室を10室配置しています。
※シールドルームとは、電磁波を遮蔽した部屋のこと。

建築構造・仕様について

■建築構造・仕様について
所在地 :広島県広島市安佐南区大塚東一丁目1-1
敷地面積:338,875.00㎡
建築面積:1,786.55㎡
延べ面積:5,779.44㎡
構  造:鉄筋コンクリート造
建物高さ:25.89m
階  数:地上4階・地下1階
主要室 :講義室、まなびコモンズ(ラーニングコモンズ)、iCafe(国際交流カフェ)、まなびラボ(パソコンスペース)、
     ひろみらスタジオ、心理学実験実習室 など
設計監理:株式会社日建設計
施  工:五洋建設株式会社
工  期:2013年9月30日~2015年3月2日
竣 工 日:2015年3月13日

■第1研究棟解体から協創館竣工まで

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について