国際交流

TOPページ > 国際交流 > グローバルコース Q&A

グローバルコース Q&A

(1)定員は何人ですか? どのように選ばれるのですか?

定員は30~40名です。入学後の英語プレイスメントテストの結果で選考します。

(2)選抜でもれた場合は、どうなりますか? 再チャンスはありますか?

グローバルコース以外の学生でも広島修道大学では多彩な留学プログラムを用意しています。自分の目的にあった留学コースを選択することができます。

(3)グローバルコースではどのような授業があるのですか? また、留学までに何時間くらい授業がありますか? それは、自分の学部の授業とは別に行われるのですか?

大きく分けて、自分の所属学部の授業とグローバルコース用に用意された国際理解科目、英語トレーニング科目を履修してもらいます。留学は2年次生の9月からを予定していますので、留学までの1年半の間に留学に必要な英語力や知識を身につけていきます。

(4)英語にあまり自信がありませんが、留学はしたいと思っています。私でも大丈夫なのでしょうか?

広島修道大学では座学形式の講義に加え3泊4日のイングリッシュキャンプを実施しています。留学までの1年半の間に留学に必要な英語力が身につくようにサポートをしていきます。

(5)留学先は、どのような大学ですか?

①Pacific International Academy (PIA、アメリカ)
オレゴン州北西部にあるポートランドから車で約20分ほどのメリルハーストに位置するMarylhurst University キャンパス内の付属英語教育機関です。
Pacific International Academy (PIA)独自で単位認定権を有しています。上部機関であるMarylhurst Universityは1893年創立のカトリック系リベラル・アーツ大学。学生数約2000人と、小規模で落ち着いた雰囲気の美しいキャンパスです。周辺の治安も大変良好です。

②Ara Institute of Canterbury(AIC、ニュージーランド)
ニュージーランド南島最大の都市、クライストチャーチのほぼ中心部にある地域の職業教育、生涯教育に貢献するため創立された大学です。本学との協定締結は 1992年ですが、交流の実績は1989年にさかのぼります。

(6)留学先の大学では、授業は現地の学生と一緒に受けるのでしょうか?

英語のレベル別に世界各国から来ている留学生と一緒に授業を受けます。1クラス10~15名程度です。

(7)留学先では、どのような生活になりますか?また、留学の半年間に必要な費用はどのくらいですか?

留学先ではホームステイを体験していただきます。一人当たりの上限を40万円として、留学費用の一部を奨励金として支給させていただきます。(40万円を学費に充当したとして)学費の一部、ホームステイ代金、渡航費用、海外旅行傷害保険等をご負担いただきます。

(8)現地の団体・企業での就業体験(サービス・ラーニング研修)とは何ですか?

現地の放送局やNPO、介護施設など、自分の興味のある分野で実際に「働く」ことを体験していただきます。

(9)海外での就業体験先は、どのように決まりますか?自分で選択できるのですか?

就業体験先は、自分の興味のある分野から選択をしていただき、現地スタッフのカウンセリングを受けながら決定されます。

(10)グローバルコースに参加しながら教員免許を取得することは可能ですか?

可能です。ただし、入学後の教職ガイダンスに出席し、1年次から計画的に授業を履修し、単位を落とすことなく修得する事が必要です。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について