海外留学について
About Study Abroad

留学プログラム・留学までの流れ

留学のプロセス

今、みなさんは漠然と留学してみたい、と考えていると思います。その夢を実現するためには、具体的に自分の将来を見据えることが大事です。以下は本学プログラムによる留学の場合のプロセスです。参考にしてそれぞれの計画をたててください。

1.留学の目的を考える

まずは、なぜ留学したいのか、何のために留学するのか考えることからスタートしましょう。海外旅行以上の成果をあげるために重要なことです。
●語学の習得か、専門的な学修・研究か ●期間は? ●時期は? ●行先は?
●経費はどれくらい負担できますか?

2.留学募集説明会への参加

それぞれのプログラムについて、その都度「募集説明会」を行うので、デジタルサイネージ及び掲示板(教学センター前及び学生センター前)に注意すること。国際センターでは随時相談、説明を行なっています。それぞれの留学の時期や目的、必要な資格、条件(TOEFLの受験など)、経費の詳細を確認しましよう。

3.プログラムの決定

さまざまなプログラムの中から、自分の目的にあった留学を選びましよう。チューターやゼミの指導教員、保証人とも相談の上、プログラムを絞り込みます。

4.申し込み

所定の応募書類に必ず保証人の承諾印を捺印の上、必要書類を添付し期日までに国際センターに提出してください。

5.派遣の決定

●派遣先大学への願書提出 ●パスポート取得 ●ビザ申請 ●航空券取得 ●教学センターへの留学届提出、履修相談(長期の場合) ●国際センターが実施するオリエンテーションヘの参加

6.出発のための手続き

●派遣先大学への願書提出 ●パスポート取得 ●ビザ申請 ●航空券取得
●教務課への留学届提出、履修相談(長期の場合) ●国際センターが実施するオリエンテーションヘの参加

7.留学

●派遣先でのオリエンテーション参加 ●長期の場合現地での履修登録
●心配なことは遠慮せず現地スタッフや引率者に相談しましょう。

8.帰国

長期の留学者は履修報告書を教学センターへ提出します。帰国後も継続的な学修が必要です。

留学プログラム

本学の留学制度は、「海外セミナー」、「交換留学」及び「認定留学」があります。

海外セミナー

海外セミナーは,海外の大学での語学研修と異文化体験を通じて,より高い国際感覚を身につけることを目的としています。期間は,夏期休暇または春期休暇中の3~6週間が中心ですが,1学期間(4~8ヵ月)または2学期間(12ヵ月)の長期にわたって実施されるものもあります。海外生活が初めてで不安な学生や,交換留学へのステップアップを考えている学生にも勧めています。
どのプログラムもそれぞれ単位認定制度があります。派遣期間が3ヶ月未満で、派遣先がアジア地域の海外セミナーの場合は選考により5万円、欧米オセアニア地域の場合は選考により10万円を支給します。派遣期間が3ヶ月以上の海外セミナーの場合は、派遣期間に応じて、選考により月額3万円を支給します。海外セミナー参加期間中であっても本学の正規の授業料を払うことになります。
 詳細は,以下のページを参照のうえ、国際センターにお問い合わせください。

海外セミナー詳細

交換留学

 交換留学は,本学の協定大学と学生を相互に派遣・受入れするプログラムです。原則として,1年間交換留学生として派遣先の大学で正規の授業を受けます。従って,一定レベル以上の語学力が要求されます。
 派遣先大学での授業料は,本学に通常の授業料を払うことで免除されますので,派遣先大学での経費は,寮費や教材費,生活費及びその他の個人的経費のみですみます。経済的に最もメリットのある留学です。
 また,交換留学は,個人としてではなく,大学の代表として派遣されますので,双方の大学での国際交流活動への参加・協力や,留学中及び帰国後の報告といった義務も求められます。これらのことも十分に考慮して,応募してください。
 詳細は,以下のページを参照のうえ、国際センターにお問い合わせください。

交換留学詳細

認定留学

本学との大学間協議による学生派遣以外で,外国の大学で学修しようとする者の支援を目的としています。留学を許可されれば,奨学費を支給されることがあります。
詳細は,国際センターにお問い合わせください。

海外留学について