イベント

TOPページ > 一覧 > 経済科学部学術講演会を開催します:「起業家のための教養としてのプログラミング」

2014/10/23【ひろみら】

日程
2014年11月12日

経済科学部学術講演会を開催します:「起業家のための教養としてのプログラミング」

経済科学部学術講演会を下記の通り開催します。

  演題:「起業家のための教養としてのプログラミング
       ~文系の学生がプログラミングを学ぶ意義~」
  講師:清水 亮氏
       (株式会社 ユビキタスエンターテインメント 代表取締役社長)
  日時:2014年11月12日(水) 1限(9:00 – 10:30)
  会場:6号館 6102教室(予定)
  聴講:一般聴講可能

講師の紹介
清水亮氏

 1976年新潟県長岡市生まれ。6歳よりプログラミングを始め16歳で3DCGライブラリを開発。以後リアルタイム3DCG技術者としてのキャリアを歩むが、21歳より米MicrosoftにてDirectXの仕事に携わった後、99年ドワンゴで携帯電話事業を立ち上げる。2003年、独立し現職。
 2005年、独立行政法人IPAより天才プログラマーとして認定される。

講演の概要
 Facebookのマーク・ザッカーバーグ、Microsoftのビル・ゲイツ、Amazonのジェフ・ペゾス、そして任天堂の岩田聡、彼らに共通するのは、起業家であると同時にプログラマーということである。21世紀の現在、起業にコンピュータを始めとする情報技術の活用は、決して欠かすことは出来ない。
 従って、情報技術の卓越した使い手たるプログラマーでなければ、本当の意味での起業の成功はあり得ないことが常識となっている。プログラミングは、単に情報技術を扱うための道具ではなく、あらゆる情報・知的存在を自在にあやつるための叡智の結晶である。
 では、起業家を目指す人々は一体プログラミングのどのような側面を学び、経営に活かすべきか。本講演では、起業家そして企業経営者が学ぶべきプログラミングの側面とその活用について紹介する。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について