人間環境学部

TOPページ > 学部・大学院 > 人間環境学部 人間環境学科 > 修大生の声

人間環境学科

修大生の声

大山 勇起彦

大山 勇起彦

●4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?
経済や文化、歴史などのさまざまな観点から環境問題について考えてきました。ボランティアやフィールドワークでは、現場の人々に直接話を聞くことができたので環境についてより深く知ることができました。学内外での地域活動では、チームの仲間と原因は何か、どうすれば改善できるのかと、しっかり考え抜くことができました。さまざまな分野、たくさんの人からいくつもの視点を学ぶことができ、深く追究していく楽しさを実感できた4 年間でした。


広島県立可部高校出身
デルタ工業株式会社 就職

平塚 美咲

平塚 美咲

●4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?
本学科は授業の選択肢が豊富なので、自分が学びたいことを幅広く学ぶことができます。私は2年次からの3年間、環境分野に加えて英語の授業を積極的に受講してきました。目標は警察の「指定通訳員」になり、訪日外国人も含めて地域の人々の安全を守れる女性警察官になること。日本を訪れたり住んだりする外国人がますます増えていくと思うので、国籍に関係なく人々の安全を守れる警察官になり、地域に貢献していきたいと考えています。


島根県立松江北高校出身
警視庁 就職

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について