人間環境学部

TOPページ > 学部・大学院 > 人間環境学部 学部紹介

学部紹介

あらゆる学問領域を統合的に学び、環境問題に対する、自分だけの「答え」を創れる人に。

環境問題は、歴史、文化、産業、経済、政治、法律、教育、科学技術など、さまざまな領域が複雑に絡み合って起きています。
このような複雑で難解な問題を解決するためには、多様な視点から学び、幅広い知識を培うことが大切です。
人間環境学部は自然・人文・社会科学を基礎にしつつ、多岐にわたる領域を学べるカリキュラムで知見を広げます。
また、本学部ではフィールドワークを豊富に経験する機会を設け、課題解決能力・実践力も同時に培います。
学んだことを応用させたり、有機的に結合させることで、「正しい答え」のない未知の領域に対して自ら考え、立ち向かうための思考力や行動力を養っていきます。学びの中で理論と実践を繰り返し、難問を解決できる持続可能社会のリーダーを養成します。

学びのポイント

1.少人数教育
2年次よりゼミナール科目を設け、個々の興味に応じた研究分野を少人数で、ときには討論を交えながら専門的に学ぶことができます。

2.フィールドワーク
複雑な要因が絡む環境問題を五感で感じ、解決に向けて行動する力を養成するため、さまざまな現場で学び、考え、行動する学修形態を取り入れています。

3.キャリア形成支援
広く社会で活用できる社会人基礎力の養成を目的とし、学んだ専門知識を活かしつつ個々のキャリア形成を築くための科目を設けています。

人間環境学部の特徴

求める人物像

私たちの社会と多様な環境問題の関わりについて強い関心を持ち、それらと自分とのつながりをイメージして 自ら積極的に行動しようと考えている人を求めています。

カリキュラムのねらい

政策や経済、社会などの各専門領域で研究する教員が「環境」という視点から総合的な教育を行います。またフィールドワークなどを通して、物事の本質・深層を読み取る力を養います。

送り出す人材像

企業人または市民として専門知識を持ち、“持続可能な社会”を創り出していく「環境リーダー」を目指し、自分たちの生き方を変えていける「環境配慮型市民」として活躍できる人を輩出します。

人間環境学部の概要

●学科:
 人間環境学部人間環境学科(入学定員145名)

●取得できる資格・免許状
 (人間環境学科)
  中学校教諭一種免許状(社会)/高等学校教諭一種免許状(公民)

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について