人間環境学科
The Department of Human Environmental Studies

人間環境学科の学び

自然科学、人文科学、社会科学などを学びながら、さまざまな角度から環境問題を検討する力を育みます。その上で地域社会と協力したフィールドワークに取り組み、自分の目で現状を確かめたり、地域の人に取材をしたり、多くの経験を積むことで専門性を高めていきます。

学びのポイント

  • 環境の課題を理解し、考察できる多分野の学び
  • 基礎から発展まで、段階的に学べるカリキュラム
  • フィールドワークによって課題解決能力を身につけられる

教育内容の流れ

1年次
人間環境を学ぶ
マインドを育む
環境を考える上で最も重要な入門知識と価値観や態度を身につけます。
2年次
実践を通じて
学びを深める
少人数のフィールド科目やゼミナール科目に取り組み、知識を実践に活かします。
3年次
ゼミで自分の
テーマを追求
環境ゼミナールを履修して自分が関心のあるテーマを深く追究します。
4年次
4年間の学びを集約
研究してきたテーマをまとめ、卒業研究としてまとめ上げます。

ピックアップ・カリキュラム

実践を通じて学びを深める

2年次は少人数のフィールド科目やゼミナール科目に取り組み、知識を実践に活かします。

環境プロジェクト
広島県内を舞台に、各地域・テーマに沿って課題の解決や新たな価値の発掘に取り組みます。
プレ・ゼミナール
日本語4技能(読み・書き・話し・聞く)に加え、情報を整理し要点をまとめて伝える「情報編集力」を磨きます。
基礎科目
専門分野についての具体的な事例を分析しながら、実際にどのような行動や判断をしていくべきかを学んでいきます。

Pick up Study

羅 星仁 教授 ほか

羅 星仁 教授 ほか

どの専門分野にも欠かせない、人間環境学の根幹を理解する。

地球環境の現状や持続可能な社会づくりの事例などを幅広く学び、環境問題に取り組む際の考え方や、持続可能な社会とは何かについて考えます。

進路・就職について

あらゆる業界で活躍可能

興味のある業界で、自分なりの方法で環境や社会と関わっていくことができます。

進路データ

人間環境学科の進路データ

主な内定先

●ウッドワン ●大塚商会 ●オタフクソース ●警視庁警察官Ⅰ類 ●西京銀行 ●ジェイ・エム・エス ●中国塗料 ●中国木材 ●広島市農業協同組合 ●広島三越 ●ヒロテック ●福山市職員Ⅰ種

成長実感メモ

4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?

大山 勇起彦

デルタ工業株式会社 就職

大山 勇起彦
2017年3月卒業 広島県立可部高校出身

経済や文化、歴史などのさまざまな観点から環境問題について考えてきました。ボランティアやフィールドワークでは、現場の人々に直接話を聞くことができたので環境についてより深く知ることができました。学内外での地域活動では、チームの仲間と原因は何か、どうすれば改善できるのかと、しっかり考え抜くことができました。さまざまな分野、たくさんの人からいくつもの視点を学ぶことができ、深く追究していく楽しさを実感できた4年間でした。

平塚 美咲

警視庁 就職

平塚 美咲
2017年3月卒業 島根県立松江北高校出身

本学科は授業の選択肢が豊富なので、自分が学びたいことを幅広く学ぶことができます。私は2年次からの3年間、環境分野に加えて英語の授業を積極的に受講してきました。目標は警察の「指定通訳員」になり、訪日外国人も含めて地域の人々の安全を守れる女性警察官になること。日本を訪れたり住んだりする外国人がますます増えていくと思うので、国籍に関係なく人々の安全を守れる警察官になり、地域に貢献していきたいと考えています。

人間環境学部人間環境学科