経済科学部

TOPページ > 学部・大学院 > 経済科学部 経済情報学科 > ゼミナール紹介

経済情報学科

ゼミナール紹介

ゼミ学生の声

例題で理解、課題で実践!プログラミング能力が着実に身につきます。

ゼミナールⅡ

「Java」を使ったプログラムの組み方を学んでいます。難しいものもありますが、自分でつくるので達成感を味わえますし、実力を高められます!

(原崎 千尋 4年 広島県立高陽高校出身)






ゼミナールⅡ ⻆谷 敦 教授

卒業論文テーマ例

県民経済計算による広島県経済の動き~過去20年間の県民経済計算データをもとに~
広島県の過去20年間の県内総資本形成、民間最終消費支出などのデータをグラフ化し、広島県経済の過去20年間の変貌と今後の発展の可能性について考察を加えた。

なぜ牛丼の価格は下がるのか~被験者実験による価格競争~
急激な値下げ競争について、「ベルトラン競争」モデルを用いて理論的に分析。さらに、被験者実験により、実際に競争が誘発され原価近くまで価格が下落することを検証した。

戦略のプログラムを用いた囚人のジレンマゲームに関する研究
ゲーム理論の「囚人のジレンマ」について、多様な戦略のコンピュータ・プログラムを構築し、有効な戦略と行動を調査。人間とプログラムの対戦も行い、現実的に有効な戦略を考察した。

グロースハックの効果と可能性
Webサイトやアプリを用いてマーケティングが行われる現代において、継続的に製品やサービスを成長させるためのグロースハックの効果や可能性を、実例から考察した。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について