経済科学部

TOPページ > 学部・大学院 > 経済科学部 現代経済学科 > ゼミナール紹介

現代経済学科

ゼミナール紹介

ゼミ学生の声

経済に関する社会問題を調査し、経済政策をディスカッション!

ゼミナールⅡ

年金やゼロ金利政策などを経済学的な視点で調査し、発表しています。自分たちがどう対処するべきかといった応用的な内容もディスカッションしています。

(山本 健生 4年 崇徳高校出身)





ゼミナールⅡ 河合 伸治 准教授

卒業論文テーマ例

人口の社会減少に苦しむ地域への提言~広島県府中市を事例として~
広島県府中市を事例として、人口が減少するメカニズムについて明らかにしたうえで、人口減少を止めて地域活性化をするために有効な政策について提案した。

熊野町の地域活性化
広島県安芸郡熊野町を事例に、少子高齢化が急速に進展している現状をまとめたうえで、特産品である「熊野筆」を活用して地域活性化をしていくべきという政策提言を行った。

少子高齢化に適した社会保障
近年問題となっている年金などの社会保障について、「社会保障と税の一体改革」などの政府の取り組みをまとめ、財源問題を中心に今後のあり方に関する政策提言を行った。

グローバル年金指数ランキングから見る日本の年金制度の問題点
「グローバル年金指数」による国際的な年金の比較において、日本の評価が極めて低い点に着目。その原因を分析し、どうすれば改善できるのかの考察を加えた。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について