現代経済学科
Department of economic

ゼミナール紹介

Pick up Seminar

坂本 佳奈

ゼミナールⅠ・Ⅱ(担当:岡村 和明 教授)

情報収集力と情報分析力、
二本柱でIT時代に対応!

坂本 佳奈
4年 広島県立五日市高校出身

インターネットを使った情報収集と情報分析のスキルを同時に習得。景気動向を読み解き、日本経済の未来を考えることで発想の幅を広げます。

卒業論文テーマ例

人口の社会減少に苦しむ地域への提言~広島県府中市を事例として~

広島県府中市を事例として、人口が減少するメカニズムについて明らかにした上で、人口減少を止めて地域活性化をするために有効な政策について提案した。

熊野町の地域活性化

広島県安芸郡熊野町を事例に、少子高齢化が急速に進展している現状をまとめた上で、特産品である「熊野筆」を活用して地域活性化をしていくべきという政策提言を行った。

少子高齢化に適した社会保障

近年問題となっている年金などの社会保障について、「社会保障と税の一体改革」などの政府の取り組みをまとめ、財源問題を中心に今後のあり方に関する政策提言を行った。

グローバル年金指数ランキングから見る日本の年金制度の問題点

「グローバル年金指数」による国際的な年金の比較において、日本の評価が極めて低い点に着目。その原因を分析し、どうすれば改善できるのかの考察を加えた。

現代経済学科