経済科学部

TOPページ > 学部・大学院 > 経済科学部 現代経済学科

現代経済学科

特徴

現代経済の現実と理論を理解した上で、段階的に専門を深める。

「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「計量経済学」など、現代経済の理解に欠かせない基礎科目を特に充実させており、専門の土台をしっかりと固めることが可能。さらに、現代経済の重要課題の一つ、金融問題に関する科目を開講しています。2年次からは少人数ゼミナールに取り組み、きめ細かな指導の下、知識を深めていけます。

学びのポイント

● 現代経済における現実と理論との関係を理解
● 消費・公共・財政・政策などのユニークな講義科目
● 2年次からはじまる少人数ゼミナール

教育内容の流れ

1年次
2年次
3年次
4年次
現代経済学の
基礎を学ぶ
経済学の基本的な考え方や現代経済学の基礎となる数学を学びます。
専門分野を
理解する
専門の授業やプレゼミナールで学びながら、今後取り組むテーマを考えます。
自分自身の
テーマを追求する
1、2年次に学んだ経済学や数学を土台に、専門性を高めていきます。
研究してきたテーマを
まとめる
研究してきたテーマをより深め、4年間の集大成として卒業論文をまとめ上げます。

取得できる資格・免許

● 中学校教諭一種免許状(社会)
● 高等学校教諭一種免許状(公民)

進路実績

進路実績

主な内定先

●ウッドワン ●北川鉄工所 ●国家公務員一般職 ●サタケ ●山陰合同銀行 ●JTB中国四国 ●島根電工 ●ダイキョーニシカワ ●東洋証券 ●広島県警察官 ●広島市職員Ⅰ種(行政) ●みずほフィナンシャルグループ

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について