現代経済学科
Department of Modern Economy

現代経済学科の学び

現代経済の現実と理論を理解した上で、段階的に専門を深める。

「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「計量経済学」など、現代経済の理解に欠かせない基礎科目を特に充実させており、専門の土台をしっかりと固めることが可能。さらに、現代経済の重要課題の一つ、金融問題に関する科目を開講しています。2年次からは少人数ゼミナールに取り組み、きめ細かな指導の下、知識を深めていけます。

学びのポイント

  • 現代経済における現実と理論との関係を理解
  • 消費・公共・財政・政策などのユニークな講義科目
  • 2年次からはじまる少人数ゼミナール

教育内容の流れ

1年次
現代経済学の
基礎を学ぶ
経済学の基本的な考え方や現代経済学の基礎となる数学を学びます。
2年次
専門分野を
理解する
専門の授業やプレゼミナールで学びながら、今後取り組むテーマを考えます。
3年次
自分自身の
テーマを追求する
1、2年次に学んだ経済学や数学を土台に、専門性を高めていきます。
4年次
研究してきたテーマを
まとめる
研究してきたテーマをより深め、4年間の集大成として卒業論文をまとめ上げます。

ピックアップ・カリキュラム

専門分野を理解する

2年次は専門の授業やプレゼミナールで学びながら、今後取り組むテーマを考えます。

基礎科目
経済学ならではの基本的な視点や考え方をしっかり学び、分析に必要な理論とスキルを身につけます。
各種経済学科目
経済学の歴史や政府の経済政策、地方経済の活性化方法など、幅広い視点から経済を学びます。
金融系科目
現代経済において重要な金融について理解し、専門的な知識を培っていきます。
演習科目
2年次の「プレゼミナール」から始まり、3・4 年次へと段階的に専門性を深めていきます。

Pick up Study

片山 尚平 教授

経済分析入門Ⅰ・Ⅱ片山 尚平 教授

理論を学び、基礎演習を重ね、
経済学を基礎から確認。

現代経済学の基礎を身につけるための入門として、ミクロ経済学とマクロ経済学の理論や考え方を学修。専門の土台にもなる重要な科目です。

進路・就職について

分析能力を地域で発揮

4年間で培った分析する能力を、さまざまな業種に活かすことができます。

進路データ

現代経済学科の進路データ

主な内定先

●ウッドワン ●北川鉄工所 ●国家公務員一般職 ●サタケ ●山陰合同銀行 ●JTB中国四国 ●島根電工 ●ダイキョーニシカワ ●東洋証券 ●広島県警察官 ●広島市職員Ⅰ種(行政) ●みずほフィナンシャルグループ

成長実感メモ

4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?

高松 智子

広島市役所 Ⅰ種 就職

高松 智子
2017年3月卒業 山口県立下松高校出身

経済理論や金融について学んだことで、経済政策の真意やその背景が理解できるようになり、ニュースから得られる情報が増えました。授業で時事問題の解説を聞く機会も多かったので、「生きた経済」を学べたと感じています。また、グループワークを通じて相手の意見をきちんと理解し、その上で自分の意見を伝える力を身につけることもできたので、卒業後は社会や地域の方々と真摯に向き合いながら、できることを精一杯やっていきたいと思います。

中国労働金庫 就職

桑本 悠司
2017年3月卒業 島根県立大社高校出身

経済学の知識が身についたことで世の中の動きを経済の観点から捉えられるようになり、新聞やニュースなどをより深く理解できるようになりました。今後は仕事をするなかで一般のお客さまに難しい専門用語を解説する機会が出てくると思うので、これまでの学びを活用し、専門的な内容もわかりやすく説明できるようになりたいです。自分にできることを積極的に行い、地域の方々にとってより身近で利用しやすい金融機関にしていくことがこれからの目標です。

現代経済学科