経済科学部

TOPページ > 学部・大学院 > 経済科学部 経済科学部20周年記念事業

経済科学部20周年記念事業

開設20周年記念フォーラム特設サイトをオープンしました。ぜひご覧ください。

経済科学部開設20周年記念フォーラム開催のお知らせ

経済科学部は1997年4月に開設され、2017年3月をもって満20年を迎えました。つきましては、これを記念して、「経済科学部開設20周年記念フォーラム」を、以下のとおり開催します。この記念フォーラムでは、本学内の2会場を使用して、在学生中心のワークショップおよび教員中心のシンポジウムを同時開催します。夕刻からは学内で懇親パーティーも開催し、文字どおり老若男女が集って経済科学部の現在そして将来を考えます。

【開催概要】
●日時:2017年5月20日(土) 13:05~18:00 ※終了しました

●場所:広島修道大学8号館1階・3階など

●A会場 
ワークショップ『ナッシュとパレートを探して』
第1部 在学生たちによるグループワーク
第2部 グループワークの発表と審査
経済科学部の3年生たちが、グループワークをとおして、日常におけるゲーム的状況を発見し、均衡概念や最適概念にアプローチします。

●B会場 
シンポジウム『経済科学の現在と未来』
第1部 「経済科学研究・経済科学教育の新たな展開」          
第2部 「経済科学における教育方法・教育手法について」
第1部のパネリストには、豊田利久先生・北原宗律先生・廣光清次郎先生・寺本浩昭先生を予定しています。第2部のパネリストには、太田耕史郎先生・岡村和明先生・脇谷直子先生・増澤拓也先生を予定しています。

★卒業生のみなさんへ

第1会場の見学者を募集しています(要予約)。第1会場では、ゲーム理論に関するグループワークを、在学生たちが和やかに行ないます。ただし、座席数の都合上、メールでの先着予約30名までとします。以下のアドレスに学籍番号と氏名をお知らせください。折り返し必ず返信いたします。なお、先着予約順ですので、申込多数の場合は予めご了承ください。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

kei20@shudo-u.ac.jp (経済科学部 有定)
※送信の際は、「@」を半角に変換してください。

新着情報

【2017年4月17日更新】


開設20周年記念フォーラム特設サイトをオープンしました。ぜひご覧ください。

【2017年4月21日更新】

特殊講義(経済システム科学特講)がスタートしました

5月20日(土)に、経済科学部開設20周年記念フォーラムが開催されます。A会場では在学生中心のワークショップ、B会場では教員中心のシンポジウムが行なわれます。
この記念フォーラムと連動して、4月12日(水)に「特殊講義(経済システム科学特講)」が、本年度限定でスタートしました。この特殊講義においては、記念フォーラムA会場の在学生ワークショップの実施に向けて、様々な準備学習が行われます。
参加しているのは、経済科学部(現代経済学科・経済情報学科)の3年生31名で、ゲーム理論を題材に積極的・能動的にグループワークを行ないます。31名は9グループに分かれて、ゲーム理論的な感性を身につけようと、時に真剣に、時に楽しく学習しています。
ゲーム理論には数学的な部分も多いですが、しかしながら楽しい部分も少なからずあり、31名は和やかに楽しそうにグループワークを行なっています。これほど笑顔の多い講義も稀かもしれません。

【2017年5月2日更新】

開設20周年記念フォーラムのリーフレットを紹介します

5月20日(土)の経済科学部開設20周年記念フォーラムが近づいてきました。まもなくリーフレットも完成します。同窓会や卒業生有志のみなさんも、リーフレットを提供してくれます。その一部を紹介します。下記よりダウンロードして、ご覧ください。

【2017年5月8日更新】

同窓会が記念フォーラムのポスターパネルを作ってくださいました

本学同窓会が、経済科学部開設20周年記念フォーラムのポスターパネルを作成、そしてフラワーフェスティバルの同窓会ひろばで展示してくださいました。A会場(在学生ワークショップ)はピンク色を基調に、B会場(教員シンポジウム)は水色を基調に、二つの大きなポスターパネルを作ってくださいました。合わせて、来場の方に20周年記念フォーラムのリーフレットも配布してくださいました。同窓会の皆様、本当にありがとうございました。

【2017年5月8日更新】

20周年記念フォーラムに向けて在学生たちが頑張っています

5月20日(土)の経済科学部開設20周年記念フォーラムでは、A会場(8号館1階まなびコモンズなど)で在学生たちがワークショップを行ないます。先般もお知らせしましたが、その準備学習として、特殊講義(経済システム科学特講)が水曜午後に開講されています。4月26日(水)は、「意思決定問題の実例を作り最適解を求める」というテーマで、グループワークが実施されました。
また、5月10日(水)は、「(ゲーム理論の)ゲームの実例を考え均衡解を求める」というテーマで、グループワークが実施されました。両日とも、31人の履修者が9つのグループに分かれ、熱心かつ和やかにグループワークを行ない、そして“作品”を競い合いました。31人全員で投票によって最優秀作を選びましたが、4月26日(水)はカープの試合観戦をテーマに意思決定問題を作成した男子3人のチームが第1位に選ばれました。チーム名は“修道大学作家部”です。彼ら3人は実はサッカー部所属で、現代経済学科増澤ゼミの2人と経済情報学科都築ゼミの1人です。

他方、5月10日(水)は、SNSをテーマにゲームの実例を考案した女子4人チームが第1位に選ばれました。チーム名は“しろくまカープ”です。彼女たち4人は、経済情報学科佐藤ゼミ所属で、何に対しても熱心で真面目なカープ女子たちです。なお、講義担当教員によると、その他にも優秀作が非常に多く、経済科学部の授業で採用したり、あるいは紹介したい作品ばかりだそうです。5月20日(土)の記念フォーラム当日も、彼ら彼女ら31人に大いに期待です。

【2017年5月25日更新】

20周年記念フォーラムを開催しました

2017年5月20日(土)、経済科学部開設20周年記念フォーラムを開催しました。当日は現役教職員、在学生のほか、 名誉教授の先生方や卒業生の皆さまにも駆けつけていただき、盛大な催しとなりました。
会場前には経済科学部の開設を伝える当時の新聞広告や歴代のパンフレット、20年間の入学記念写真などが展示されました。

A会場では、在学生によるワークショップ「ナッシュとパレートを探して」が実施されました。それぞれのチームがこれまでの学習を生かし、個性的なゲームを構築して均衡概念、最適概念にアプローチしました。

B会場では、教職員を中心にシンポジウム「経済科学の現在と未来」が実施されました。
第1部では「経済科学研究・経済科学教育の新たな展開」と題して、主に研究面から経済科学のこれまでと今後について 熱い議論が交わされました。
第2部では「経済科学における教育方法・教育手法について」として、主に教育面から今後の経済科学の在り方について、 現実的な側面も踏まえつつ活発にディスカッションが行われました。

夕刻からは懇親パーティーが開催され、参加いただいた皆さまが一堂に会して交流を深めあうなど、大盛況のうちに 全てのプログラムを終了することができました。

当日ご参加いただいた名誉教授の先生方をはじめ、卒業生の皆さま、教職員・在学生の皆さん、実施にご尽力いただいた 教職員・在学生の皆さま、そして経済科学部を支えてくださる全ての皆さま方に、この場をお借りして心より感謝申し上げます。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について