経済科学部

TOPページ > 学部・大学院 > 経済科学部 現代経済学科 > Q&A

現代経済学科

Q&A

現代経済学科では、どのような勉強をするのでしょうか?

現代経済学科では、まず、理論・政策・歴史など経済学の伝統的分野を学習し、そしてさらに、金融・国際・環境・情報など経済学の現代的分野を学習します。経済学の現代的分野を重視しているという意味で、「経済学科」ではなく「現代経済学科」という学科名称になっています。また、現代経済学科は、もう一つの学科である経済情報学科と同様に、情報科学やシステム科学など、最新の科学的手法を大幅に取り入れています。その意味で、学部名称も「経済学部」ではなく「経済科学部」になっています。
(回答:現代経済学科教授 森岡一憲)

現代経済学科の勉強は難しいのでしょうか?

「経済」という言葉は、何となく難しいイメージがありますね。だから、「経済学」という学問も、きっと難しいのだろうと思うかもしれません。けれども、経済学を実際に勉強してみると、実はそれほど難しくないことがわかると思います。きちんと講義を聴いていれば大丈夫です。ちょっと経済学を勉強しただけで、難しいと思っていた新聞などの経済記事が、段々とわかるようになります。
また、経済学ほど、就職してから役に立つ学問は、他にありません。
(回答:現代経済学科教授 森岡一憲)

現代経済学科の就職はどのような状況でしょうか?

広島修道大学全体が、就職状況は良好です。広島地区の私立大学では、就職の実績はもちろんナンバーワンです。現代経済学科の就職状況も極めて良好で、就職希望者の就職率は100パーセントと言ってよいと思います。建設・製造・流通・金融・保険・サービスなど、さまざまな分野で卒業生たちが活躍しています。もちろん、公務員試験を突破した先輩たちもいます。何よりも、経済学は就職に“強い”学問です。キャリアセンターの支援体制も万全ですから、あまり心配はいりません。
(回答:現代経済学科教授 藤田哲雄)

現代経済学科ではどのような資格が取れるのでしょうか?

広島修道大学には、キャリア支援講座といって、資格取得をサポートする課外講座があります。TOEIC、実用英語検定などを目指す「語学系列」、行政書士、簿記検定、秘書検定などを目指す「ライセンス系列」、Excel1~3級、Word1~3級、初級システムアドミニストレータなどを目指す「パソコン系列」などの系列があります。現代経済学科の学生たちも、このキャリア支援講座を使って、いろいろな資格を取っています。また、現代経済学科では、経済学検定試験(ERE)を受験して、就職活動に役立てている人もたくさんいます。
(回答:現代経済学科教授 藤田哲雄)

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について