経済科学部

現代経済学科
経済情報学科

いま、この学部で学ぶ意味とは?

地元愛×経済科学

一歩先を見通す力を養おう。
さまざまな知見を蓄積していけば、激動の時代にも対応が可能です。

ITの発展により、世界経済の動きがリアルタイムでわかる時代になりました。
私たちに求められるのは、入手したデータを基に的確な判断をする能力です。
そのためには、膨大なデータの中から真に必要なものを取捨選択しなければなりません。
また、データを判断材料となる情報に加工することも重要です。
それらを基に仮説を立て、検証することにより最適解を見つけることが可能になります。
経済学と情報科学を幅広く学び、日頃からいろいろな物事に関心を持つことで、
先の見えない激動の時代を生き抜く洞察力を養ってください。

学部長
森岡 一憲 教授

学部の特徴

教育研究上の目的

情報科学などの現代的諸科学を大幅に導入し、実際の経済現象や経済問題について、さらには経営・社会・環境等に関する諸現象や諸問題について、体系的に教育研究を行い、現代の経済社会・情報社会に求められる高度な知識と技術を有する人材を養成することを目的とします。

1 確かな基礎知識を修得
授業科目の例 ミクロ・マクロから経済を見る目を養う経済分析入門Ⅰ・Ⅱ (現代経済学科) 情報処理やソフトウェアの素養を身につける情報科学入門Ⅰ・Ⅱ (経済情報学科)
1年次では、現代経済学・経済情報学の基礎知識をしっかりと身につけます。また、最新の経済トピックスなどをリアルタイムに取り上げて学ぶことで、理論の定着をはかります。
2 新たな発想で経済社会を捉えるユニークな講義科目
授業科目の例 政府が市場に介入する根拠と実際の財政政策について考察する財政学Ⅰ・Ⅱ (現代経済学科) ソフトウェアに関する知識を学び役割を考えるソフトウェアⅠ・Ⅱ (経済情報学科)
「労働」「財政」「金融」(現代経済学科)や「ソフトウェア」「シミュレーション論」(経済情報学科)など、ユニークな視点から経済学を学ぶ科目が充実しています。

学部の特色ある授業

デザイン思考

地域や社会を変える
イノベーションの起こし方とは…?

デザイン思考は、近年の地域や社会が直面する「多様で複雑な問題」を解決するための新たなアプローチとして注目されています。デザイン思考の考え方を体系的に学び、さらに「問題発見」と「問題解決」の手法をワークショップで体験することによって、イノベーションに必要な基礎を修得していきます。

3つのポリシー

学部概要

経済科学部