商学科
Department of Commerce

商学科の学び

幅広い業界を学んだ上で、
現場で役立つ専門を究める。

1年次に商学の基礎を学んだあと、2年次以降に「流通・マーケティングコース」、「地域・観光コース」、「金融ビジネスコース」、「国際ビジネスコース」の4コースを用意。ゼミ活動の中で実践に取り組み、学んだ知識を活かしながら、社会で役立つ専門性はもちろん、知識や経験、行動力も伸ばしていきます。

学びのポイント

  • 将来を見据えて選べる4コース制
  • ビジネスに直結する実践力が身につく
  • 金融のエキスパートをめざせる特別プログラム

教育内容の流れ

1年次
商学の本質から
基礎を理解
「取引」という人の行動から、カネやモノの流れの全体像を把握していきます。
2年次
コースを選び
専門の学びを開始
4つからコースを選び、自分の専門性を培っていきます。
3年次
ゼミで自分の
テーマを追求
2年次からのテーマを、実践を交えながらさらに深掘りしていきます。
4年次
4年間の学びを集約
自分が興味のあるテーマを詳しく調べ、卒業研究としてまとめ上げます。

ピックアップ・カリキュラム

将来を見据えて選べる4コース制

2年次は下の4つからコースを選び、自分の専門性を培っていきます。

流通・
マーケティングコース
物やサービスの提供者とそれを求める人が出会う場である「市場」を生む方法を、理論と実践から学びます。
地域・観光コース
地域課題の調査・分析手法や観光について学び、地域・観光振興を実現するための力を身につけます。
金融ビジネスコース
国内外の金融を深く追究しながら、金融に関わる高度な専門知識を理論と実務の両面から学修します。
国際ビジネスコース
世界をめざす企業での活躍を見据え、国際舞台で活躍できる深い専門知識と豊かな国際感覚を養います。

Pick up Study

商学概論 柏木 信一 教授

商学概論 柏木 信一 教授

取引の全体構造、
実践のための心構え。

商学科の全専門科目の共通項は「取引」です。商学概論では①取引の経済的・法的な意味、②他の社会科学との関連性と相違点、③取引相手に対する配慮の重要性を提示し、学びと実践につなげます。

進路・就職について

地域経済の活性化に貢献

多様な進路の中から、興味のある業界を選ぶことができます。

進路データ

業種別進路構成比率 2016年度実績

主な内定先

●アサヒビール(株) ●(株)クマヒラ ●(株)JTB ●(株)JALスカイ ●大鵬薬品工業(株) ●東京海上日動火災保険(株) ●日本年金機構 ●(株)広島銀行 ●広島信用金庫 ●(株)フジタ ●三島食品(株) ●三井住友海上火災保険(株)

成長実感メモ

4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?

大谷 唯

東京海上日動火災保険株式会社 就職

大谷 唯
2019年3月卒業 広島市立舟入高校出身

ゼミの活動で企業との商品開発に携わったことが、私の大きな財産です。発売までの長い道のりの中で、世の中のすべての商品には、企画者や営業などさまざまな人の熱意が込められていることを痛感しました。同時に、アイデアを形にするには多くのリスクを伴うことも知りました。卒業後勤める企業では、損害保険の仕組みでリスクを軽減させ、企業が安心して商品開発に取り組めるようサポートしたいと考えています。

安行 彩

アサヒビール株式会社 就職

安行 彩
2019年3月卒業 広島県立尾道東高校出身

商学部は1年次からゼミが開講され、企業への知見が豊富な先生方から実践的な知識を深く学べます。私はそんな先生方の指導を受けて学んだことで、将来は商品開発の仕事に就くという目標を見つけられましたし、実社会を見据えたアドバイスをいただいて目標のためにどんな勉強や経験をすべきかを明確にできました。内定先では、まず店舗での営業経験を積んで購入者や市場の最前線を理解し、知識を培ってから夢である商品開発に携わっていきたいです。

商学科