経営学科
Department of Business Administration

経営学科の学び

経営理論を着実に身につけ、
ビジネスの現場で実践する。

経営に求められるものは何かということについて幅広く学んだ上で、組織における管理・運営手法、中小企業経営、会計の3文やを学ぶコースを用意。ゼミ活動と合わせて各分野での専門家として活躍する力育みます。また、「公認会計士」「税理士」などの難関資格の取得実現をサポートする教育も行っています。

学びのポイント

  • 高い専門性を獲得できる3コース制
  • ビジネスの現場を体験
  • 会計のエキスパートをめざせる特別プログラム

教育内容の流れ

1年次
専門につながる
基礎を固める
専門知識の基礎を学ぶだけでなく、経営学の役割についても理解します。
2年次
コースを選び、
専門の学びを開始
3つのコースからいずれか1つを選び、専門の学びをスタートします。
3年次
ゼミで自分の
テーマを追求
少人数のゼミに所属し、自分自身のテーマを追求していきます。
4年次
4年間の学びを集約
自分が興味のあるテーマをさらに深め、卒業研究としてまとめ上げます。

ピックアップ・カリキュラム

高い専門性を磨く3コース制

2年次は下の3つからコースを選び、専門の学びをスタートします。

ビジネス・マネジメントコース
企業、病院などの組織が、目的を達成するために人、モノ、カネといった資源をどう活用すべきかを学びます。
起業・事業承継コース
経済を活性化する起業、後継者不足から起こる事業承継問題など、中小企業経営を専門的に学びます。
会計コース
ビジネスの共通言語と呼ばれる会計について、理論的な知識と実践の両方を体系的・専門的に学びます。

Pick up Study

岡田 行正 教授

経営学総論Ⅰ・Ⅱ 岡田 行正 教授

経営学を学ぶ意義を踏まえ、
現代企業の抱える諸課題を考察する。

「経営学や経営学的な視点は、なぜ必要なのか?」という問題意識のもと、現代の日本企業が直面する問題を掘り下げ、考察・究明する力を養います。

進路・就職について

地元企業・金融機関で活躍

多様な進路の中から、興味のある業界を選ぶことができます。

進路データ

主な内定先

●伊予銀行 ●呉信用金庫 ●中国労働金庫 ●中電工 ●ティーエスアルフレッサ ●東京海上日動火災保険 ●凸版印刷 ●日本郵便 ●ひろぎんウツミ屋証券 ●広島銀行 ●モルテン

成長実感メモ

4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?

広島信用金庫

佐藤 未帆
2017年3月卒業 広島県立広島皆実高校出身

ゼミで、高校生に向けて英語でプレゼンテーションをするという難題に挑戦。先生の力をほとんど借りずに資料を作成したので、その過程で人に伝えることの難しさや協力する大切さを痛感しました。また、簿記や会計は得意ではなかったのですが、ゼミの仲間と一緒に取り組み、向上心を保ちながら克服!つねに何かに懸命に取り組んできたことで、チャレンジから多くのことを学べると実感しました。社会に出てから役立つ知識やスキルが身についたと思います。

日本通運株式会社

進 悠馬
2017年3月卒業 広島県立五日市高校出身

「企業行動論」や「経営戦略論」など、会社の生き残りや成長に関する戦略を学べたことで、物事を考えるときの軸ができたと思います。社会人になると壁にぶつかったり、思い悩んだりすることもあると思いますが、いま組織で何が求められているのかを考えることができれば、次の行動を見つけることができるはずです。今後は大学での学びをベースに考え抜き、自分を成長させながら企業や社会に貢献していきたいと考えています。

経営学科