キャリア教育

インターンシップ

長期インターンシップについて

林 紅葉さん

法学部法律学科

インターンシップ先:株式会社近畿日本ツーリスト中国四国
研修日:2017年8月4日~8月31日(実働19日間)

就活のヒントになったインターンシップ

 私が株式会社近畿日本ツーリスト中国四国を研修先に志望した理由は二つあります。一つ目は、自分の得意分野を旅行業界で生かせるのではないかと考えたからです。私は、中高での美術部の経験から視覚で伝えること、また、大学で放送研究会とアナウンス教室に通っていた経験から言葉で伝えることに力を入れてきました。これらの経験から、パンフレット制作やバスガイドという仕事に関心を持っていました。二つ目は、就活を目前に、何かしら行動を起こしたかったからです。将来に大きく影響する就活に、私は少し焦りを感じていました。また、短期ではなく長期にすることで、より多くのことを深く学べ、成長につながると思い志望いたしました。

 事前・事後指導、報告会を含めた研修期間の中で、本当に多くのことを学び、考え、行動しました。私にとってこの研修が、自己分析や企業研究、今後のキャリアを考える大きな機会になりました。私は志望理由ではまとまった答えを導き出すことができましたが、将来全体を見ると漠然とした考えしかありませんでした。しかし、この研修を通して、私が働くうえで求めるものや、したいことが明確化されました。そして、今回定まった私の仕事観は、「常に成長し続け、自分の得意分野を生かした仕事をしたい」です。学生時代力を入れてきた、「視覚で伝える」こと「言葉で伝える」ことを足した「情報伝達」という分野を仕事でも生かしたいと考えました。加えて、自分のアイディアで新しいことに挑戦して成績を残し、信頼関係を築きたいです。

 その答えに至ったきっかけは、研修先での旅行商品企画プレゼン大会です。旅行会社ということで、自分でターゲットや目的地を設定し、模造紙をパンフレットに見立て発表します。そのプレゼンで、私は地元の愛媛県を舞台にし、地元民ならではの濃い企画を発表しました。また、パンフレットに見立てた模造紙のデザイン性やプレゼン力を最大限に発揮し、一位をいただきました。その時に、今まで培った経験を活かしながら働きたい。そして、人に認められる仕事をし、常に成長したいと感じました。

 今回の研修は、将来を考える大きな機会になりました。また、私にとって今回の出会いは大きな財産になりました。この学びを生かして、これからも精進していきたいです。最後になりますが、株式会社近畿日本ツーリスト中国四国の皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

関連リンク