就職・資格

TOPページ > 就職・資格 > 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業

産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業

文部科学省「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に採択

文部科学省の補助金事業の一つである、2012年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に採択されました。

 【取組名称】産業界との連携による中国・四国地域人材育成事業

 【取組テーマ】1.教育プログラムの改善充実
        2.評価指導方法の改善充実
        3.産官学連携による教育改善

 【申請地域】 中国・四国

 【連携校名】 島根大学・徳島大学・香川大学・愛媛大学・島根県立大学・岡山県立大学・尾道市立大学
        県立広島大学・岡山理科大学・倉敷芸術科学大学・くらしき作陽大学・ノートルダム清心女子大学
        広島修道大学・福山大学・安田女子大学・山口東京理科大学・四国大学・鈴峯女子短期大学


 広島修道大学では、教職員と産業界等が地域・社会の人材ニーズや大学での教育のあり方について議論するために、これまで取り組んできた「“修大就業力”を育てるための教育体系構築」を推し進めつつ、さらなる取組として、『産学連携による教育体系構築ならびに評価・指導方法の改善』を行います。
 また、これまでの取組を通して、産業界等のニーズとして浮かび上がってきた、「物事に対して熟考し積極的に関与していこうとする力」、「専門性を社会で活かしていくことができる力」、「自律的に社会に働きかける力」を本学学生が獲得できるよう、事業を推進していきます。

①課題解決型の能動的学修としての産業界と連携するPBL教育の拡充

 学生の思考力や表現力を引き出し、学生同士が互いに刺激を与えながら知的に成長できるようになるために、2つのアプローチを通してPBL教育を大学全体で促進していきます。
 一つは、各学部の演習等における専門領域と結びついたPBL教育の展開です。これは課題解決を目標とするPBLを専門領域と結びつけ、答えのない問題に能動的に取り組み、最善解を導くために必要な専門的知識を鍛えることを目指すものです。先行する学部のプログラム内容・成果・課題を全学の共通認識となるように情報共有を図り、全学的なプログラムへと発展させていきます。
 もう一つは、学部横断的・全学的に展開するPBL教育です。平成22年度より本学学術交流センターにおいて地域連携事業の一環として「地域つながるプロジェクト」を実施しています。これを、地域との協働によるPBL教育の一つとして位置づけます。
 いずれの取組についても、各種連携先(地元の経済団体、企業、職業関係団体および県内自治体)の協力を得ながら進めていきます。  

②産業界等との連携によるポートフォリオの改善

 独自のポートフォリオShuPについては、学生と教職員とのコミュニケーション機能の充実、卒業生CS(キャリアサポーター)等とのコミュニケーション機能・アドバイス機能の付加、PBL教育等の各学生の成果記載機能の付加について検討・実施します。このShuPの改善は、本学で導入中の学習カルテと連動させつつ進めていきます。
 そしてShuPを大学内での学生の学修評価に活用するだけでなく、当該学生の獲得・蓄積した学士力・就業力を社会に出る際に示すものへと発展させることをめざします。その際には、社会の求める人材像と大学で育てる人材像のすり合わせを進めるために外部評価委員や卒業生、地元産業界等との意見交換を行うとともに、連携事業の一環として行われる産業界等と協働して実施されるアンケート調査等を活用します。
 さらに、本学は取組テーマ2の取りまとめを担うことから、各大学でのポートフォリオの活用状況や課題についての共有を進めていきます。

③人材育成と産業界等のニーズに関する熟議の実施

 熟議の手法を用いて、学生、大学教職員、産業界ニーズWG等の地元産業界等関係者が一堂に会し、大学教育のあり方や産業界のニーズとのギャップをめぐる課題解決の方向性を探っていきます。その成果は、ShuPの改善に反映させ、事業の改善サイクルを確かなものにします。
 また、リーフレット等を発行し成果の周知を図り、外部評価委員や卒業生CSとの懇話会等においても共通理解を深めていきます。

本学が文部科学省から選定を受けた助成事業

大学生の就業力育成支援事業(2010年度採択)
取組テーマ:“修大就業力”を育てるための教育体系構築

大学教育・学生支援推進事業【テーマB】学生支援推進プログラム(2009年度採択)
取組テーマ:拡大エンロールメント・マネジメントによる生涯キャリア形成

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について