キャリア教育

インターンシップ体験報告

インターンシップについて

岩本 彩深さん

経済科学部経済情報学科

インターンシップ先:西日本電信電話株式会社 広島支店
研修日:2014年9月1日~9月5日 (実働5日)

他のインターンシップ生から刺激を受け 大きく成長した5日間

5日間のインターンシップに参加させていただいて、学校生活やアルバイトでは体験することのできない社会人としての責任や行動力、やりがいなどを学びました。さらに、自分がこれからの就職活動において何が足りないか、ということを発見できました。

私は、初対面の人との会話や、積極的に発言することなどが苦手でしたが、実習を通して、このようなコミュニケーション能力や発信力が何よりも重要だとわかりました。会社という組織では多くの人と関わることになります。実習の場でも、発表する機会や座談会なども多くありました。このような環境の中で、他の学生は私よりも積極的に、すべてのことを吸収して帰っていこうという熱意が伝わってきました。それに刺激を受け、私ももっと意欲的に頑張ろうという気持ちになり、わからないことは質問し、自分の考えを相手に伝えるように心掛けました。5日間という短い期間ではありますが、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の向上につながったと思います。そして、社員の方とはもちろん、一緒に参加した他校の学生ともうまく会話ができるようになっていきました。

また、NTT西日本という大きな会社の中を見学して、どのような仕事がなされているのかを実感することができました。中でも、ビジネスソリューションズで行われている、ソリューション営業は、初めて知る業務でした。これはただ自社の商品を売るだけではなく、お客様のニーズを満たし、NTT西日本を利用してもらうといったものです。実際に働く人を見て、西日本の通信事業を支える企業として、社会へ貢献しようという熱い想いも伝わってきました。また、グループ各社でさまざまな事業を分け、より専門性を高めた技術が使われているということも勉強できました。
参加する前は、自分に何ができるのか不安でしたが、今では参加して非常に良かったと思います。就職活動に対するモチベーションも上がり、自分がどんな働き方をしたいかなどをしっかりと考えるようになりました。社員の方には疑問に思ったことはすぐに回答していただき、さらに補足の説明などもしていただいて、充実した研修でした。また、案件創出研修発表や成果発表の際には適切なフィードバックをいただき、多くの気づきがありました。私にはまだまだ積極性やコミュニケーション能力が足りません。これらのことをさらに改善し、就職活動には自信を持って挑もうと思います。社員の方から頂いた「もっと自信をもって貪欲に挑戦していこう」という言葉を忘れず、ステップアップしていきます。これからこの貴重な体験を生かし、就職活動に励んでいきます。

最後になりましたが、受け入れていただいたNTT西日本の方には感謝の気持ちでいっぱいです。5日間本当にありがとうございました。

関連リンク