キャリア教育

インターンシップ体験報告

インターンシップについて

冨永 未央さん

人文学部英語英文学科

インターンシップ先:広島修道大学 国際センター
研修日:2014年9月1日~9月12日 (実働10日)

苦手なことにもチャレンジ 異なる視点を養えた機会

今回のインターンシップを通じて、たくさんのことを学ばせていただきました。
書類などに記入したり、データを入力したりする作業のとき、重要な書類やデータの扱いには十分に注意を払わなければならないと感じました。社会人になると、より責任感を持ってやらなければならないことが多くなるのだと思いました。Excelには苦手意識があり、あきらめてしまっていましたが、事務作業でよく使用するものだと知ることができたので、これから勉強していきたいです。

留学生へのキャンパスツアーは、今まで人前で話すことは苦手だからと避けてきたようなことでしたが、挑戦してみることで、反省点も見つけることができ、本当に良かったと思っています。また、様々なお仕事を体験させていただくなかで、自分の好きなことを改めて知れて、自分としっかり向き合うことができたので、本当に良い経験になりました。留学生が来るのを心待ちにしながら留学生の受け入れ準備をすることは、とてもやりがいを感じました。社会人になり仕事をすると、大変なことが多いのだと思っていましたが、自分でやりがいを見つけることで、お仕事も楽しむことができるのだと思いました。

今回の実習を通して、国際センターでは、私たち学生のために様々なことを企画してくださっているのだと感じました。その機会を充分に活用して、様々な経験を積みたいと思います。
この10日間、留学生受け入れなどお忙しい中、優しく丁寧に指導していただき、本当にお世話になりました。たくさんのことを経験させていただきました。今回のインターンで学んだことをこれからに活かし、積極的に行事に参加するなどして、充実した学生生活を送りたいと思います。本当にありがとうございました。

関連リンク