就職・資格

TOPページ > 就職・資格 > 大学生活とキャリア形成

大学生活とキャリア形成

『2年次、履修必修』
進路設計・職業選択のための基本知識や社会常識を学ぶ「大学生活とキャリア形成」科目。「人生」や「仕事」、更に「キャリア」、「働くこと」について学びながら、学生自らが考え、行動へとつなげていくための科目。社会で必要なコミュニケーション力やビジネスマナーを身につけた自律型の人材を育てます。目標を持ち成し遂げる力、望ましい職業選択ができる能力を磨きます。

本講義の位置づけ・狙い

⇒「社会人基礎力」獲得の視点から、大学教育と大学生活を見つめ直すこと

本学におけるキャリア教育は、学生一人ひとりの社会的・職業的自立に向けて必要となる
基礎力(「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」から成る社会人基礎力)を育
てることにあります。本授業は基礎力を育てることの意味・意義・位置づけを共有しながら自律的にキャリアを形成していく力(考え方と実践)を、実務家講師(含む卒業生)及び先輩(内定4年生)を交えた実践的な雰囲気の中で学びます。
一人ひとりが高い目標意識を持って的確な進路設計や職業選択に臨むには、正課・課外での学びと経験による人生観や職業観の涵養が不可欠です。授業では課題達成型のグループワーク等によりこの認識を深め、自らのキャリア形成に向けての意欲と態度を育てていきます。また、授業の進行に合わせて、各人のキャリア・ポートフォリオの作成と授業への活用を行っていきます。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について