広島修道大学 入試情報サイト〜受験生を応援します〜

MENU

修大生の声

修大生の声 Vol.4

村上 愛未

村上 愛未

人文学部 英語英文学科

広島市立沼田高校 出身

取材:2017年05月30日

「充実した修道ライフ」

①ディズニーセミナープログラムに参加して、いかがでしたか?
私は3年次の後期に5ヶ月間、フロリダ州のウォルト・ディズニーワールドリゾートでインターンシップを経験しました。世界中から集まるゲストを、世界中から集まったキャストの仲間と共に迎え、おもてなしする日々。非常に刺激的で、忘れられない想い出になりました。
私はパークの入り口付近のエリアで、パレードや花火を観にいらしたゲストを誘導するお仕事をしていました。多様多種な質問に答え、写真を撮り、しゃぼん玉を吹いて、シールを配って。小学6年生から持ち続けていた「ディズニーのキャストになる」という夢が叶った夢のような5ヶ月間でした。寮ではアメリカ、ニュージーランド、ブラジルから来ていた6人で生活し、その他にも同じお仕事で出会った人など、世界中にお友達ができました。
私がこの5 ヶ月間で得たものは、英語で会話をする力はもちろん、多様性の中で柔軟に動く力など、本当にたくさんあります。帰国後、入学時540点だったTOEICスコアが、880点になりました。
海外へ踏みだし、そして夢を叶えることができて、広島修道大学に入学して本当に良かったと思っています。
②広島修道大学に入学して良かったと思うことは何ですか?
「やりたいことに思い切り挑戦できる」のが、広島修道大学に入って一番良かったと感じることです。1年次には、学校のプロジェクトに参加しました。中国・韓国から来た学生と一緒に、石見銀山をはじめとした観光地用スマートフォンアプリの翻訳等に1年間取り組みました。また2年次では、グローバルコースの一期生としてアメリカへの留学を経験しました。初めての海外でしたが、日本の外に出たことで、自分の考え方が柔軟になったのを実感しています。
③高校生のみなさんへメッセージをお願いします。
私は広島修道大学で、本当に自分のやりたいことができており、今が楽しいです。入学時は540点だったTOEICのスコアは、二年生の留学後には810点に上がりました。まだまだ成長段階なので、もっと英語を身につけられるよう頑張りたいです。大学の4年間は自分としっかり向き合える絶好の期間だと思います。みなさんも、夢や目標に向かって充実した4年間を過ごしてください。