広島修道大学 入試情報サイト〜受験生を応援します〜

MENU

修大生の声

修大生の声 Vol.12

山地 茉耶

山地 茉耶

経済科学部 現代経済学科

広島市立舟入高校 出身

内定先:浜本工芸株式会社

取材:2014年10月01日

「修大だからチャレンジしつづけた4年間」

①どうして広島修道大学に入学しようと思ったのですか?
当初は広島修道大学が第一志望ではありませんでした。他の大学も受験していましたが、進路決定の際に多くの卒業生が社会で活躍しているということや、実際にオープンキャンパスに参加した時にキャンパスの雰囲気がとても良かったということなどから、本学に入学を決めました。
②修大生になって良かったと思うことは何ですか?
一番は様々な人との出会いを通して、いろいろなことを学ぶことができたことです。
サークル活動やボランティア活動などを通して、たくさんの人と出会い、いろいろなことにチャレンジする場が用意されています。私は美術部に所属し勉強以外のことにも一生懸命に打ち込み、楽しいと思える時間を過ごすことができました。部⻑になってからは美術部全体のことや部員のことを考えるようになり、以前よりも周りのことをしっかり見ることができるようになりました。
施設や設備が充実しているところもとても魅力的です。なかでも図書館や情報センターは本当にすばらしいです。広いキャンパスに憧れていたのでとても満足しています。
就職に関しては、面接やSPI対策など就職活動に関する講座がたくさんあり安心でした。キャリアセンターでは進路の相談や面接の練習、履歴書の添削などきめ細やかにサポートしていただきとても心強かったです。
また、私は簿記の勉強に興味があり、商学部の簿記に関する授業をとって勉強し、日商簿記検定2級を取得しました。このように興味ある他学部の授業を受けることができることも修大の良いところの一つです。さらに学内でのキャリア支援講座を利用して、Excel表計算処理技能認定試験1級も取得しました。他にも秘書検定2級は図書館の参考書等を利用して、友人と一緒に勉強して取得しました。
③Shuddy’sに入ろうと思ったきっかけは何ですか?
1年生の時、授業の終わりに担当の先生から紹介していただいたことがきっかけです。何か新しいことにチャレンジしてみたかったのでやってみようと思いました。
最初は来場者の方に声をかけるのも緊張していましたが、回数を重ねるごとに困っている来場者の方を見つけたら、自ら声をかけていくことができるようになりました。Shuddy’sに入って、どうすればもっと良くなるか自分なりに考えて動けるようになったと思います。貴重な体験をさせていただきました。
④学内でのお気に入りの場所はどこですか?
私のお気に入りは、2号館の学生ラウンジです。テーブルや椅子、自動販売機があり、友人と飲み物を飲みながらおしゃべりをしたり、授業の合間に一息つくこともできます。試験前にはラウンジでお弁当を食べながら友人と試験範囲を確認したりもしました。2号館、6号館からのアクセスも良く、教室への移動にも便利です。
⑤経済科学部の特徴は何ですか?
ゼミでは先生が最近の経済問題について解説してくれます。また、新聞の経済面を読む機会も多いので、ニュースで目にするタイムリーな経済事情が理解できるようになります。
経済科学部はパソコンを使った授業が多く、経済に関するデータ処理方法なども学ぶことができます。入学したときはパソコンに慣れていなくて少し不安でしたが、パソコンの使い方を基礎から学ぶことができ、授業についていくことができました。そのおかげでWordやExcel、Power Pointに関する検定試験にも合格することができました。
経済学はいろいろな分野で活かすことができ、就職の選択肢も大きく広がると思います。
⑥高校生の皆さんへのメッセージをお願いいたします 。
私が高校生だった頃、進路でたくさん悩み、いろいろな大学のオープンキャンパスに参加しました。現在この大学に入って良かったと思えているのは、自分が納得して進路をきめることができたからだと思います。オープンキャンパスでは、学部の紹介だけではなくキャンパスを直接見ることや、先生や私たち在学生に出会うこともでき、進路をきめる際にとても参考になります。まずはオープンキャンパスに参加して、その大学の雰囲気を感じてみてはどうでしょうか。