広島修道大学 入試情報サイト〜受験生を応援します〜

MENU

修大生の声

修大生の声 Vol.13

阿蘇 綾

阿蘇 綾

経済科学部 現代経済学科

広島県 広陵高校 出身

取材:2014年10月01日

「未来につながるオープンキャンパス」

①どうして広島修道大学に入学しようと思ったのですか?
高校生の時には、将来こんな仕事がしたいというはっきりしたものがありませんでした。大学で何を勉強したいのかを考えたときに、私は普段買い物をする時の物の値段や物価の変動に興味があったので、その仕組みをもっと詳しく知りたいと思いました。そこで、経済を勉強すれば日本の動きがわかり、やりたいことが見つけられるかもしれないと思い、経済科学部を選びました。
また、高校の先生から、広島修道大学は留学制度など学生のための制度が豊富で、チャレンジしたい事ができる大学だと勧められたことも大きな理由です。オープンキャンパスに参加して、広島修道大学が第一志望になりました。
②オープンキャンパスには何回参加したのですか?
高校3年生の時、全4回のうち3回参加しました。私は広島修道大学が第一志望でしたし、AO入試の合格にかけていたので、とにかくオープンキャンパスには積極的に参加しました。先生方の話を直接きくことができる学部別の個別相談コーナーには必ず行きました。私はパソコンの操作があまり得意ではないことや、経済科学部の勉強についていけるのかとても心配だったので、不安なことはそこでなんでも先生方に質問しました。パソコンについてはエクセルなど一から教えるから心配ない、また経済の勉強についても、少人数教育で丁寧に教えるから大丈夫だと先生方が説明してくださいました。実際に、授業では丁寧に指導してくださいますし、まわりのパソコンが得意な友達もいろいろ教えてくれるので大丈夫でした。
③修大生になって良かったと思うことは何ですか?
授業が面白いことです。私は地域イノベーションコースをとっているのですが、その中の「広島未来学」という授業では、班に分かれて広島の活性化について意見を出し合います。例えば先日の授業で出た意見は、「電車カフェ」や「異文化回転料理」です。「異文化回転料理」とは、回転寿司の回るものをお寿司ではなく外国の料理にするという面白いアイデアです。それぞれにメリット、デメリットを出し合って議論します。高校までにはない形式の授業でとても楽しいですし、広島の活性化について身近に考えるようになりました。
④Shuddy'sに入ろうと思ったきっかけは何ですか?
高校生の頃オープンキャンパスに参加した時に、Shuddy'sの先輩が声をかけてくださいました。まだいろいろな不安を抱えていた私に、入試のことや学生生活のことなどを親切に教えてくださったおかげで、不安が解消しました。
この経験がきっかけで、私も入学したらShuddy'sに入って、不安を感じている高校生に色々なことを教えてあげたいと思ったのです。
教学センターの掲示板でShuddy's募集の掲示を見つけたときは嬉しかったです。
私はサークルに入っていないのですが、Shuddy'sのおかげで学部や学年を越えた友達の輪が広がったので、入って本当によかったと思っています。
⑤学内でのお気に入りの場所はどこですか?
図書館と学習支援センターです。図書館はとてもきれいで、一人で静かに集中したいとき
に利用します。「研究個室」ではパソコンも利用でき、学生の間で大変人気です。友達と一緒に課題に取り組んだりする時などは、「グループ学習室」を利用します。大きな机とホワイトボードがあり、グループで話し合うのに最適です。
友達と話しながら学習するときは、学習支援センターを利用します。ここは学生のために常に開放されていて、いつでも誰でも自由に利用することができる場所です。学習アドバイザーが二人常駐されていて、予約すれば勉強の相談をすることもできます。
⑥将来に向けて、大学でどのような勉強をしたいですか?
私は第二外国語で中国語を勉強しているので、海外セミナーの制度を利用して中国へ留学したいと思っています。
3週間の期間で20万円程度で行けると聞いたので、今、アルバイトをしながら資金を貯めているところです。この他にも卒業するまでに大学の制度を利用して、いろいろなことにチャレンジしてみたいです。今からワクワクしています。
⑦高校生の皆さんへのメッセージをお願いします。
一度、広島修道大学に来て、先輩たちと話をしてみてください。きっと広島修道大学の良さが見つかると思います。