広島修道大学 入試情報サイト〜受験生を応援します〜

MENU

入試情報

広島修道大学の各種入試情報をお知らせします。

2019年度入試の変更点

募集人員・入試日程

入試の種類と特徴

一般入学試験(前期日程)

募集人員が一番多いメイン入試です。試験の結果と調査書で総合的に判定します。 A・B日程は、2科目型・3科目型受験のベーシックな入試です。
C日程は、所持する資格・検定によって加点があります。
D日程は、高得点科目を採用して判定します。
E日程は、高得点科目をより評価します。
大学入試センター試験利用入学試験(前期日程)、一般・センター併用入学試験と併せて、複数回の受験が可能です。また、西日本各地での試験場を用意し、受験生のみなさんに少しでも余裕を持って受験してもらえるように配慮しています。
*出願はインターネットでのみ受け付けます。

一般入学試験(後期日程)

全学部、英語と国語の2科目で入試を実施し、試験の結果と調査書で総合的に判定します。
全ての学部・学科・専攻間で併願が可能です。
*出願はインターネットでのみ受け付けます。

大学入試センター試験利用入学試験(前期日程・後期日程)

1月に実施される大学入試センター試験の成績と調査書で総合的に判定する入試です。
本学の個別学力試験はありません。
*出願はインターネットでのみ受け付けます。

一般・センター併用入学試験

一般入学試験(前期日程)と大学入試センター試験のそれぞれの得点と調査書で総合的に判定します。
検定料10,000円プラスで、合格のチャンスが広がります。
*出願はインターネットでのみ受け付けます。
*法学部法律学科は実施しません。

AOインターアクション入学試験

広島修道大学を第一志望とする人を対象とした入試です(専願)。合格した場合には入学する意思を明確にもっていることが出願条件になります。
自己推薦で受験できます(学校長の推薦は必要ありません)。
出願資格や審査方法は学部・学科・専攻によって異なります。
*人文学部教育学科は実施しません。
*出願はインターネットでのみ受け付けます。

出願書類(見本)

*実際の出願書類は、入学検定料の支払後に出願ページの「印刷・確認」画面から印刷してください。
このページで掲載している書類は見本ですので、郵送されても受け付けません。ご注意ください。

【商学部】
【人文学部】
【法学部】
【経済科学部】
【人間環境学部】
【健康科学部】
【国際コミュニティ学部】

AOインターアクション入学試験(帰国生)

広島修道大学を第一志望とする人を対象とした入試です(専願)。合格した場合には入学する意思を明確にもっていることが出願条件になります。
自己推薦で受験できます(学校長の推薦は必要ありません)。
出願資格や審査方法は学部・学科・専攻によって異なります。
*人文学部教育学科は実施しません。

*出願は郵送でのみ受け付けます。
*以下の出願書類をダウンロード・印刷し、記入のうえ入学検定料(30,000円の郵便為替)とともに入学センターに郵送してください。
*以下の出願書類の他に、卒業証明書や国外の高等学校が発行する在籍期間証明書等の書類も必要です。
 詳細は、入学試験要項で必ず確認してください。

出願書類

【商学部(帰国生)】
【人文学部(帰国生)】
【法学部(帰国生)】
【経済科学部(帰国生)】
【人間環境学部(帰国生)】
【健康科学部(帰国生)】
【国際コミュニティ学部(帰国生)】

公募推薦入学試験

広島修道大学を第一志望とする人を対象とした入試です(専願)。合格した場合には入学する意思を明確にもっていることが出願条件になります。
高校の「評定平均値」が出願基準となり、学校長の推薦が必要です。
出願資格や審査方法は学部・学科・専攻によって異なります。
*人文学部英語英文学科は実施しません。
*出願はインターネットでのみ受け付けます。

出願書類(見本)

*実際の出願書類は、入学検定料の支払後に出願ページの「印刷・確認」画面から印刷してください。
 このページで掲載している書類は見本ですので、郵送されても受け付けません。ご注意ください。

【商学部】
【人文学部】
【法学部】
【経済科学部】
【人間環境学部】
【健康科学部】
【国際コミュニティ学部】

指定校推薦入試

本学が指定した高校の学校長推薦に基づく入試です。
出願基準など詳細については、各高校の進路指導部に確認してください。

特別入試

大学院入試

入学試験要項(PDFダウンロード)

一括ダウンロード

分割ダウンロード

入試Q&A

Q1.学部間の併願はできますか?

併願できます。
いろいろな併願が考えられますので、自分が希望するタイプを選んでください。

一般入試の併願について

一般入試前期日程では、前期 A・B・C・D・E 日程を利用して試験日が異なれば、同一または異なる学部・学科・専攻を併願することができます。1日につき1出願となりますので、最大5併願が可能です。
一般入試後期日程では、1回の受験で異なる13学科・専攻まで併願できます。
なお、同一学科・専攻への併願はできません。

大学入試センター利用入試の併願について

センター利用入試では、本学個別の学力試験を実施しないため、併願できます。前期日程、後期日程で、それぞれ最高13併願が可能です。

Q2.一般入試は記述式ですか、マークシート方式ですか?

全部または一部マークシート方式で実施します。ただし、数学についてはすべて記述式で実施します。
試験当日、どんなことに注意すればよいですか?
以下の2点に注意してください。
① 入学試験要項にある時間を守り、早めに入室してください(各時限とも試験開始後20分までの遅刻は認めますが、それ以降は入室できません)。
② 受験票は必ず持ってきてください。受験票・写真票はインターネット出願の画面から各自でプリントアウトして当日必ず持参してください。

Q3.一般入試では選択科目によって有利、不利はあるのでしょうか?

選択科目は科目間の調整を行なうために中央値補正法を取り入れています。これにより選択科目の違いによる有利、不利はありません。

Q4.本学試験と地方試験とでは有利、不利がありますか?

本学試験と地方試験は、同一問題で同一日に実施しますので、有利・不利はまったくありません。

Q5.一般入試の合否基準はどのようになっていますか?

各受験科目の総合点により成績順に判定します。基準点は一切設けていません。したがって仮に1科目の得点が低くても総合点がよければ合格できます。

Q6.センター利用入試の選択科目のうち、2科目以上受験した場合はどうなりますか?

受験した科目のうち、最高得点の科目を採用して、合否を判定します。

Q7.一般・センター併用入試の出願方法について教えてください。

一般・センター併用入試への出願は、以下の3つの条件に該当する方が対象となります。
① 一般入試(前期A~E日程)で商学部、人文学部、経済科学部、人間環境学部、健康科学部、国際コミュニティ学部のいずれかに出願すること。
② 大学入試センター試験において、指定された試験科目を受験すること(ただし、試験科目は学部・学科・専攻により異なるので、事前に入試要項等で確認してください)。
③ 一般入試(前期A~E日程)で出願している同一日程、同一学部・学科・専攻に出願すること(異なった日程、学部・学科・専攻での出願はできません)。

Q8.AO入試や推薦入試で不合格になった場合、一般入試、センター利用入試、一般・センター併用入試は受験できますか?

受験できます。改めて出願手続きを行ってください。

Q9.志願票や出願シート、写真票にはどんな写真を使用すれば良いですか?

志願票や出願シート、写真票に貼付する写真は、高等学校等の制服で撮影された写真でも可としますが、入学を許可された場合には、受験時に提出された写真を学生証に使用します。
写真は出願前3か月以内に撮影したカラー写真(4cm×3cm)で、上半身脱帽、正面向き、背景のない、顔の鮮明なものを全面のり付けしてください。

家庭等で撮影されたデジタルカメラ等の不鮮明な写真、スナップ写真の切り抜きは受け付けません。また、髪の毛が目にかかっているなど、顔が判別しにくいものも受け付けません。
写真の裏面に志願学科・専攻、氏名を記入してください。

Q10.グローバルコースの申し込み方法について教えてください。

グローバルコースへの申し込みはインターネット出願画面のグローバルコース選択項目で「希望する」を選択してください。
このコースへの申し込みは、学部や入学制度の選択に制限はありませんので、全学部・全入試制度が対象になります。
選抜は入学時の英語プレイスメントテストで行い、申し込みをした全員から上位30~40名を選抜し、コースの履修生に決定します。

入試統計

2018年度

2017年度

検定料割引のご案内

 一般入学試験(前期・後期)、センター利用入学試験は併願により検定料が割引されます。

詳しくはこちらをご覧ください。