広島修道大学 入試情報サイト〜受験生を応援します〜

MENU

一般入学試験 受験上の注意

試験当日の注意事項

 
1.    受験票および写真票は、試験当日必ず持参してください。
写真票に貼付する写真は、高等学校の制服での写真も可とします。ただし、入学が許可された場合は、学生証用写真として使用します。
 
2.    毎試験開始後20分以上の遅刻者は受験できません。
 
3.    受験票および写真票を忘れたり紛失した場合は、入試本部に申し出てください。
 
4.    積雪等による気象状況の悪化、流行性の伝染病等により入学試験実施が危ぶまれる場合は、本学ホームページおよび入試情報サイトにて延期および開始時刻繰り下げ等の対応をお知らせしますので必ずご覧ください。
 
5.    感染症(インフルエンザ等)による入学試験の欠席および入学検定料の返還について
I.     学校保健安全法で出席停止が定められている感染症(インフルエンザ・はしかなど)にかかり、治癒していない場合、その感染症が他の受験生や監督者に拡がるおそれがありますので、原則として入学試験の受験をご遠慮願います。
II.    I.により本学入学試験を欠席する場合は、当該入学試験(欠席日分)にかかる入学検定料を返還しますので、次の要領で手続きを行ってください。
  入学検定料返還の対象者
学校保健安全法で出席停止が定められている感染症(インフルエンザ・はしかなど)にかかり、治癒していないために入学試験を欠席した志願者。
  入学検定料返還の申請方法
(A)以下の日時に電話をしてください。
受付日:欠席をする試験当日
受付時間:9:00~15:00
電話番号:082-830-1100(広島修道大学入学センター)
注:申請受付時間中に連絡することなく欠席した場合は、通常の欠席として取り扱うこととし、入学検定料の返還はしません。
(B)以下の申請書類を提出してください。
(a)入学検定料返還申請書〈本学指定用紙〉
※電話による申請受付後に本学から郵送します。
(b)診断書 ※以下の内容が記載されているもの
病  名:学校保健安全法で出席停止が定められている感染症
加療期間:欠席した試験日が含まれているもの
 
 (返還の例)
出願内容 一般入試
欠席日数
①受験予定だった
入学検定料
②実際に受験した
入学検定料
返還金額
(①-②)
一般入試(前期)2出願 1日間 42,000円 27,000円 15,000円
一般入試(前期)3出願

センター利用入試3出願
2日間 70,000円 50,000円 20,000円
一般・センター併用入試 対象となる一般入試の欠席日数×1出願あたりの入学検定料(10,000円を返還します)


試験時間中の注意事項

 
1.    試験時間中に机の上に置けるものは、受験票のほかに、黒鉛筆(H、F、HBに限る)、シャープペンシル(黒い芯に限る)、プラスチック製の消しゴム、鉛筆削り、時計(計算機能や辞書機能および通信機能つきのものを除く)、直線定規、メガネ、ハンカチ、ティッシュペーパー(袋または箱から中身だけ取り出したもの)、目薬です。
 
2.    携帯電話等の電子機器類は、試験室に入る前に必ずアラームの設定を解除し電源を切っておいてください。試験時間中にこれらをカバン等にしまわず、身につけていたり手に持っていると不正行為になることがあります。
 
3.    試験室には壁掛時計を設置していません。時計を持参してください。なお、計算機能や辞書機能および通信機能つきの時計は使用できません。また、携帯電話等は時計・計算機として使用できません。
 
4.    漢字や英単語、和歌等がプリントされている衣服の着用や筆記用具の使用は認めません。
 
5.    試験時間中の退室は認めません。
 
6.    試験室においては試験監督者の指示に従ってください。

 

解答上の注意事項

 
1.    「数学」以外の科目は各学部とも全部または一部マークシート方式で実施します。解答には黒鉛筆(H、F、HBに限る)、シャープペンシル(黒い芯に限る)、プラスチック製の消しゴムを使用してください。ただし、マークシートにシャープペンシルを使用してマークした場合には、解答が読み取れないことがあります。
 
2.    受験番号(後期日程の場合は座席番号)が正しくマークされていない場合は、採点できないことがあります。
 
3.    マークシートには、「マーク例」に従って正しくマークしてください。マークが薄い場合、一部分しかマークしていない場合、訂正箇所を消しゴムできれいに消していない(消し跡が残っている)場合は、解答が正しく読み取れないことがあります。
 
4.    不正行為者には退場を命じ、全科目無効とします。
 
5.    指定された試験科目については、必ずすべて受験してください。(『3科目のうち高得点2科目』)のような場合でも3科目受験必須ですので注意してください)