教育方針
3つのポリシー

I.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際コミュニティ学部は、国際社会全体をひとつのコミュニティととらえ、Think Globally, Act Locallyを念頭に、地域社会と国際社会における多様性とダイナミズムを理解できる思考力と知性を身につけ、良識と教養ある判断力を備えた市民を育成することを目的として、学生が卒業するまでに身につけるべき能力を、学士課程の学位授与の方針として、以下の通り定めます。

1.知識と技能

講義、ゼミナールなどでの読む・聴く・書く・話すことの反復をとおして、地域社会の現状と課題や国際社会のダイナミズムを理解できる基本的知識を収集・整理・理解し、分析・表現することができるようになること。

2.思考力・判断力・表現力

修得した知識と技能をもって、自ら課題を発見し、課題の解決に取り組み、社会の将来や事態の推移を洞察することのできる広い視野と思考力・判断力・表現力等の能力を持つようになること。

3.多様な人々との協創

多様な立場や価値観を尊重し、主体性をもって、世界や地域に生きる多様な人々と相互協力のできる市民としての知性と良識を養うこと。

II.教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

1.基礎から発展へ

「学び」に必要な基礎的技法の修得を目的する初年次授業科目を配置し、あわせて低学年の段階で世界や地域の現状を体験する機会を提供します。知識を修得する講義とそれを整理して自らの意見を発信できるゼミナール・演習・プロジェクト型授業をバランスよく履修できるよう工夫します。世界や地域において実地で貢献するための体験科目を配置します。《主専攻科目》を複数の科目群に区分し、それぞれに最低修得単位数を定め、4年間の学修に体系性を確保します。

2.視野の拡大

豊かな人間性を培い、思考力・判断力・表現力を養うために人文・社会・自然にわたる多様な学問分野にかかる授業科目をできる限り配置し、個々の興味・関心に応じて履修できるように工夫します。

3.経験の拡充

課題解決型実習科目、キャリア教育科目、グローバル科目、留学制度を利用した社会での実践や異文化体験を推奨します。

III.学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

国際コミュニティ学部は、Think Globally, Act Locallyを念頭に、地域社会と国際社会における多様性とダイナミズムを理解できる思考力と知性を身につけ、良識と教養ある判断力を備えた市民となることができる人を受け入れるため、学生の受入方針を以下の通り定めます。

1.入学者に求める能力

国際コミュニティ学部は、高等学校卒業程度の学力を有し、本学で学ぶ意欲を持つ次のような人を広く国内外から受け入れます。

  1. (1) 現代社会における諸問題に関心や疑問を持ち、その解決に向けて取り組もうとする人
  2. (2) 地域社会の持続的発展や平和な国際社会の実現のために積極的に貢献しようとする人
  3. (3) 地域社会や国際社会における多様性やダイナミズムに関心を持つ人
  4. (4) 相互理解と協力関係の形成に向けて多様な人々とコミュニケーションをとり、協働しようとする人

2.入学試験制度と評価

国際コミュニティ学部で学ぶために必要な知識・技能、思考力・判断力・表現力を見るために、各学科で多様な入学試験を実施し、選抜します。

3.国際コミュニティ学部の教育を通じて養う能力

国際コミュニティ学部の教育目標を実現するために必要な知識と技能を習得し、課題発見・課題解決に取り組み、その成果を表現するために必要な思考力・判断力・表現力を持ち、多様な人々と協創して学びあう能力を身につけた学生を育成します。

国際コミュニティ学部