地域行政学科
Department of Regional Administration

地域行政学科の学び

地域が発展し続けるために自ら行動し、答えを出す力を。

人口の減少、地域コミュニティの消滅が懸念される現在、多くの政策・行政が地域に向けられています。地域の価値の再発見、新たな価値を生み出すイノベーションを通じて、地域の持続的発展を担い、協働し、牽引することのできる構想力、実行力を備えた人材の育成をめざします。

学びのポイント

  • 政治学(行政学・政策学)の豊富な知識が身につく
  • 地域の実情と課題に接する地域実践・研究
    地域の人々と交流し課題を見つけ問題解決を提案
  • さまざまな人々と交流・協働・発信ができるコミュニケーション力の養成

地域の人や課題に触れ
考えるプログラム
地域体験の機会を豊富に用意。多様な人々との協議を通じて、地域社会の価値と課題を発見・理解するフィールド学習プログラムを実践します。
地域体験と
行政・政策の学習をつなぐ
フィールド学習で得た経験や体験を学問的・体系的に整理し、地域の未来を協働してつくる力を修得。政策や行政の場面を想定して、地域社会の課題の解決方策を考えます。
イノベーションに関する
豊富な科目を用意
地域の価値の発見・再発見・創造、地域課題の探求・考察・解決に必要な構想力、実行力を地域の人々と協働して養います。

主な学び

  • 政治領域[政治学の知識を深める多様な科目群]
    政治学概論、政治理論、日本の政治、政治過程論、民主主義論など
  • 行政領域[地域の行政を掘り下げる特色ある科目群]
    行政学、地方自治論、合意形成論、地域資源論など
  • 政策領域[政策立案のプロセスを実践する科目群]
    政策概論、政策構想論、社会政策論、地域デザイン論など
  • 法律領域[[行政の基盤となる法律の知識を涵養]
    法律学概論、行政法、地方自治法、社会福祉法など

1年次で学ぶ主な授業科目

  • 世界と地域、政治の考え方、社会のしくみ、日本と世界の現代史、異文化理解論、地域行政入門、社会科学入門、行政学、地域コミュニケーション、政策概論、政治学概論、法律学概論、現代経済入門
  • 体験実践A・B/体験実践論
    1年次第3学期(夏季休暇を含む8月~10月頃)に用意されるさまざまなプログラムを体験し、その振り返りによって学部の学びが社会とどのようにつながるかを考える授業科目です。海外滞在、異文化体験、自治体や企業での実習、中山間地域での就労・生活体験、児童(小学生)・生徒(中学生)・留学生とのふれあいなど。

カリキュラム

地域実践力・協働力の養成

学年進行に合わせて、協働して新たな価値を生み出す力を獲得していくことができるように、実習科目を各年次に配置。座学と学外学習(フィールドワーク)を融合し、デザインする力・リーダーシップ力を養成します。
また、全学年を通じた地域実践プログラムを実施します。自治体やNPO法人と連携し、人間力や社会人基礎力といった社会が求めるコンピテンシーを育成します。

取得できる資格・免許

●中学校教諭一種免許状(社会)
●高等学校教諭一種免許状(公民)

予想される進路

●公務員 ●地域で活動する各種法人(NPO・NGOを含む)●協同組合 ●地域活力向上に貢献する民間企業(金融機関、旅行業、コンサルタント、メディア系企業等)●教員(中学校・高等学校)●地方議会議員 ●大学院進学 など

地域行政学科