プライバシーポリシー

TOPページ > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

個人情報の保護に関する学校法人修道学園のポリシー

個人情報保護への取り組みについて

 本学園では教育目的を果たすために、たくさんの個人情報を保有しています。それは、学生・生徒や利用者の皆さんに質の高いサービスを提供するためのものです。
 言うまでもなく個人情報は個人の重要な財産であり、これまでも皆さんから収集した個人情報は適正に利用し、厳重に保護・管理してきました。2005年4 月から「個人情報の保護に関する法律」が全面施行されたことに伴い、今後とも本学園に関わる全ての皆さんに安心して学んでいただけるように、個人情報の保護に関する本学園のポリシーを宣言します。

個人情報とは

 本学園に関わる全ての人たち(学生・生徒、保護者・保証人、入学志願者、卒業生、役員や教職員など)についての情報で、氏名、住所、生年月日、写真などにより特定の個人を識別することができるものをいいます。さらに、他の情報と照合することによって個人が識別できる情報も含まれます。

個人情報を収集しようとするとき

 個人情報を収集しようとするときは、収集・利用の目的や、他の団体等への提供の有無など具体的にお知らせしたうえで必要な範囲で、本人から直接収集することにしています。利用目的の範囲を超えて利用したり、皆さんの同意が無いのに他の団体などに提供いたしません。

個人情報を開示します

 特別な場合を除いて、基本的には本人の個人情報について開示します。「開示請求」をするときには、本人であることを明らかにし、個人情報を管理している管理者あてに文書で提出していただきます。開示した情報について、その内容に誤りがあると認められる場合は、「訂正等の請求」を、またその内容に不服な場合は、「不服の申立て」をすることができます。
 特別な場合とは、次のようなことなどをいいます。

  1. 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがあるとき。
  2. 開示請求の対象となる保有個人データに、第三者の個人情報が含まれているとき。
  3. 管理者が開示をすることにより、業務の適正な執行に支障を及ぼすおそれがあると認めたとき。
  4. その他委員会が相当の理由があると認めたとき。

 この他に「取扱い停止の請求」「提供停止の請求」などもできます。

個人情報保護委員会について

 学園のなかでどのような個人情報が保有されているのかを管理し、個人情報に関しての重要な事柄を決める機関として、理事長の下に「個人情報保護委員会」を設置しています。皆さんからの不服申し立ては、この委員会で引き受けることとなります。
 また、毎年、個人情報が適正に扱われているかを学園監査室が監査します。

  • 学校法人修道学園個人情報保護に関する規程
  • 学校法人修道学園 個人情報保護委員会規程
  • 広島修道大学個人情報保護委員会規程
  • 広島修道大学個人情報保護に関するガイドライン

各規程はPDFで掲載されています。

個人情報についてのお問い合わせは

学校法人修道学園 総務課  TEL:082-830-1129
学校法人修道学園 中高部  TEL:082-241-8291
広島修道大学 総務課    TEL:082-830-1104

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について